長崎で技能実習生を受入れるには?流れを分かりやすく解説!

長崎県では、高齢化や出生率の減少、過疎化などといった深刻な人材不足の問題が上がってきています。

そこで、注目を集めているのが技能実習制度です。

長崎県では、2800人ほどの技能実習生が受入れられています。
技能実習生は受け入れ数が近年拡大しており、若い外国人を受け入れ、人手不足の解消を狙うこの制度は現在中小企業を始め、人材を多く確保したいと願う人事担当者から多くの支持を集めています。

この記事では、長崎県で技能実習生を受け入れるまでの流れを分かりやすく簡単にお伝えしていきます。また、技能実習生受け入れのポイントについても併せてご紹介致します。

「技能実習生制度を調べている」「将来的に活用してみたいと考えている」という長崎県の企業担当者の方は、まずはこの記事を見て技能実習生制度について知っていただければ幸いです。

技能実習生と長崎県の産業との相性

長崎,技能実習生

長崎県は、温かい気候を活かし、ビワやジャガイモ、みかん、長崎和牛など様々な生産物を全国に送り出してきています。

長崎県の県内総生産を見てみると、農業や林業も年々伸びてきており、順調に長崎県が発展していることが分かります。その一方、不漁が続く水産業では徐々に総生産額を落としています。

第二次産業では製造業の割合が高く、年々その生産額は増えてきています。また、建設業も順調に数値を伸ばしてきています。この二つの業界は、技能実習生との相性が良く、多くの技能実習生が長崎県の製造・建設企業に受入れられています。

第三次産業では、特に目立ったものはなく他の県と同様ですが、比較的伸びが悪く年々総生産量を落としている業界も多く見受けられます。これは、少子高齢化や過疎化による第三次産業利用者の減少が進んでいることを意味しています。

長崎県で技能実習生を受け入れる手順

長崎,技能実習生

技能実習生制度は、まず、監理団体と呼ばれる技能実習生と企業を繋ぐ組合に加入しなければなりません。監理団体をキチンと選ぶことができれば、その後に待ち受ける申請や手続きなどはもちろん、良い技能実習生を受け入れるまでの万全なサポートも期待できます。

では、そんな監理団体を選び技能実習生を受け入れるまでの流れを簡単に説明していきます。
長崎県で実習生を受け入れる「大まか流れ」を掴んでいきましょう。

長崎県で技能実習生を受け入れるまでの流れ

  1. 長崎県内に対応している監理団体を洗い出し及び調査をして比較検討
  2. 選出した監理団体の担当者と面談を重ね、信頼できるところを選定
  3. 選定した監理団体(協同組合)に加入
  4. 監理団体の担当者と相談しながら受け入れたい人材をオーダー
  5. 監理団体が現地の送り出し機関にオーダーを伝える
  6. 送り出し機関がオーダーに従い長崎に来れる人材を募集
  7. 送り出し機関から現地へ面談要請
  8. 監理団体の職員と現地へ向かい面談を行う(通訳は監理団体が手配)
  9. 受け入れ企業が技能実習生候補を選定
  10. 受け入れ企業が技能実習計画を作成
  11. 送り出し機関が技能実習生に対し、日本語教育などを実施
  12. 技能実習生が入国
  13. 監理団体が技能実習生に対し一定期間、日本語、マナー研修などを行う
  14. 長崎県の受け入れ企業で技能実習開始

業種などによって細かい違いはありますが、どの企業もこの流れに沿って技能実習生を受け入れています。

ポイントとなるのはやはり監理団体の存在です。

監理団体は、受け入れ企業の窓口になるだけでなく、実際の技能実習生選びにも必ず必要になります。翻訳の手配から現地送り出し機関との交渉、申請、教育等、監理団体による役割は多岐にわたります。監理団体選びに失敗すれば、それはすなわち技能実習生受け入れがスタートすらできないことにもなりかねません。

繰り返しにはなりますが、技能実習生を受け入れるにあたり、まずは自社の希望を叶えてくれる監理団体を見つけることが、技能実習制度においては最大のポイントと言えます。

技能実習生制度の肝となる監理団体の選出はプロにお任せ!

技能実習生を受け入れるには、監理団体の選定がキモとなります。
まず、受け入れ企業のエリアに対応していることが大前提です。
次に希望業種や技能実習生の国籍で監理団体をフィリタリングしていきます。

ただこの作業には、少なくない時間がかかりますし、一般公開されている情報ばかりではないため良い監理団体を見逃す危険性があります。

そこで、我々はあなたの会社に合う監理団体を選出するサービスを行っています。

「監理団体選びと言われても、どこに電話すれば良いか分からない」そんな状況の方は選出までのサポートをお任せください。

監理団体選びの最大のポイントは、適切な監理団体に加入することですが、最後には「相性」が何より大切です。
自社に合った起業かどうかは最終的に自分自身で確かめるしかありません。

弊社では、早ければ翌日には最適な監理団体を絞り込んでご紹介することが可能です。

「まずは自社の条件に合った監理団体を探してみよう」
そんな企業担当者の方はぜひ、当サービスをご利用ください。

監理団体を探している方は、ご活用下さいませ。

↓↓↓以下のフォームからカンタン1分登録で、あなたに代わって監理団体をお探しいたします。↓↓

監理団体(組合)たくさん、ありすぎて困る!どこも一緒では?
いいえ!優秀な技能実習生の獲得には監理団体選びも重要です!
専任のプロにお任せください!

無料
最適な監理団体を紹介

ハイフン(-)をつけてください。(例:03-0000-0000)

 

長崎,技能実習生
最新情報をチェックしよう!
>1分カンタン入力で無料お見積り

1分カンタン入力で無料お見積り

技能実習生.jpでは全国の監理団体から一括でご紹介できるので、比較検討がカンタンにでき御社にピッタリな組合を見つけることができます。

CTR IMG
テキストのコピーはできません。