技能実習生とは?技能実習生を受け入れる上で知っておきたいポイントを紹介!

  • 2019年1月24日
  • 2019年9月13日
  • 雇用

テレビや新聞などで取り上げられるようになったことで、近年外国人技能実習制度の知名度が急激に向上しています。

この記事を読んでいる方の中にも、技能実習生の受け入れを検討している方はいるかと思います。

技能実習生を受け入れるに際しては、最低限知っておくべき事柄がいくつかあります。

この記事では、技能実習生を受け入れる上で知っておきたいポイントを、分かりやすくお伝えします。

技能実習生の受け入れを検討中の方は、是非ともご参考にしてください。

技能実習生とは

そもそも、技能実習生とは一体何なのでしょうか?

技能実習生とは、高度な技能習得を目的に日本にやって来る外国人です。

日本では「外国人技能実習制度」を設けて、技能実習生の育成を通じて、発展途上国の経済発展に貢献しています。

また技能実習は、以下の通り3つの区分に分かれています。

  • 第一号技能実習→入国一年目の技能実習生が対象
  • 第二号技能実習→入国二〜三年目の技能実習生が対象
  • 第三号技能実習→入国四〜五年目の技能実習生が対象

第一号から第二号、第二号から第三号に移行する際には、技能実習生が所定の試験に合格する必要があります。

また職種によっては、第二号・第三号に移行できないものもあります。

技能実習生を受け入れるメリット

技能実習生を受け入れるメリットは、主に下記3つあります。

メリット①:若い人材の確保

あくまで人材育成が目的ではあるものの、若くてやる気のある技能実習生は一生懸命働いてくれるため、頼りある戦力となり得ます。

企業が慢性的な人材不足に陥っている場合には、非常に大きなメリットとなるでしょう。

メリット②:企業内の活性化

やる気のある外国人技能実習生が来ることで、他の従業員のやる気に火をつける可能性があります。

また、外国人ならではの多様な価値観が社内に入るため、本業にも良い影響をもたらすケースもあります。

メリット③:海外進出への足がかり獲得

外国人技能実習生との接点が、後々海外進出する際に役立つ可能性もあります。

たとえば現地の情報を教えてくれたり、提携したい会社との仲介役になってくれるかもしれません。

海外進出への足がかりを得られる点は、長期的に見るととても大きなメリットとなります。

技能実習生を受け入れる条件

技能実習生を受け入れるためには、いくつか条件をクリアする必要があります。

技能実習生を受け入れたい場合は、主に下記の条件をクリアする必要があります。

条件①:技能研修指導員・生活指導員を置く

技能実習生の着実な技能習得をサポートする為に、実務経験が豊富な人材を「技能研修指導員」として設置する必要があります。

また、日本で技能実習生が不安なく生活できるように、生活上の留意点を指導したり、適宜相談を受ける「生活指導員」を設置する必要もあります。

条件②:外国人技能実習生の宿舎を所有している

技能実習生が寝泊まりする宿舎の確保も、企業側が満たすべき条件の一つです。

部屋のみならず、寝具類や食器・調理器具も準備しなくてはいけません。

条件③:各種保険への加入

日本人労働者と同様に、外国人技能実習生を受け入れる際には、社会保険や健康保険などに加入する必要があります。

技能実習生を受け入れる流れ

この項では、技能実習生受け入れる際の流れを順番に解説します。

流れ①:監理団体への申し込み

ほとんどの場合、「監理団体」と呼ばれる組織を介して、技能実習生を受け入れます。

ですので、まず初めに監理団体に対して、技能実習生の受け入れを申し込まなくてはいけません。

流れ②:外国人技能実習生との雇用契約締結

申し込みが受理されたら、希望に合致する技能実習生と雇用契約を結びます。

受け入れる技能実習生は、書類選考や現地での面接等により決定します。

流れ③:技能実習計画の作成と認定申請

次に技能実習計画を作成し、外国人技能実習機構にそれを提出します。

この申請が通らなければ、技能実習生を受け入れることはできません。

流れ④:ビザや在留資格の取得

技能実習生が長期的に滞在できるように、ビザや在留資格を取得しましょう。

流れ⑤:技能実習の開始

ビザや在留資格を取得できれば、講習などを経た後に技能実習を始められます。

技能実習生の受け入れに要する費用

技能実習生の受け入れには、一体どの程度費用がかかるのでしょうか?

この項では、技能実習生が入国し、技能実習を行えるようになるまでに要する費用をご紹介します。

監理団体への入会金・年会費

監理団体への入会金として約2〜10万円、年会費として2万円〜10万円の費用がかかります。

上記の通り費用に幅があるのは、監理団体ごとに入会金や年会費が異なるためです。費用以外にも、実習生を受け入れる際に重要な通訳の有無や、サポート体制なども、監理団体によって全く異なります。

技能実習生の受け入れが成功する可能性を高めるためにも、監理団体選びは慎重に行わなくてはいけません。

弊社では、全国2,000社以上ある監理団体の中から、御社にぴったりの監理団体を無料で数社ご紹介します。

受け入れ人数や職種など最低限の事項を入力すれば、簡単にお申し込みできます!

関連記事

日本No.1の実績|組合・監理団体を徹底比較|一括見積・技能実習生.jp[contact-form-7 id="1887" title="2-1"]プライバシーポリシー© Copyright[…]

監理団体の監理費

意外と知られていませんが、入会費・年会費以外にも、監理団体に入会している間は「監理費」と呼ばれる費用が発生します。

受け入れ人数や監理団体ごとによって異なりますが、毎月2万円〜4万5千円ほどかかります。

毎月支払う監理費は、通訳の人件費や交通費をはじめとした技能実習のサポートに使われます。

そのため、通訳などのサポートを充実させつつ、監理費を下げることは不可能です。

様々な業者の方がいるため一概には言えませんが、監理費が高い方が豊富なサポートを得られる傾向があります。

技能実習を行うためには必要不可欠な費用であるものの、年間で20万円〜50万円もお金がかかります。

監理団体を選ぶ際は、サポートの充実さと監理費の安さを比較検討した上で、自身に適した監理団体を探しましょう。

技能実習生の入国準備に要する費用

在留資格の取得や雇い入れ前健康診断など、技能実習生の入国準備にも費用がかかります。

ケースバイケースではあるものの、合計で20万円前後の費用がかかります。

入国後から実習開始までに要する費用

技能実習生の実習を開始する為には、法律で定められた入国後研修を受けさせなくてはいけません。

入国後の研修には、約10万円〜15万円の費用がかかります。

以上を合計すると、外国人技能実習生を受け入れる為には、最低でも50万円(一人当たり)の費用を要します。

現地への渡航費用の有無や、受け入れる人数次第では、さらに費用が増えるケースもあります。

まとめ

今回は、技能実習生受け入れにおいて、最低限知って欲しい知識をお伝えしました。

特に費用や受け入れ条件に関しては、必ず事前に把握しておきましょう。

その他技能実習生の受け入れで気になることがあれば、お気軽にご相談ください!

↓↓↓以下のフォームからカンタン1分登録で、あなたに代わって監理団体をお探しいたします。↓↓

監理団体(組合)たくさん、ありすぎて困る!どこも一緒では?
いいえ!優秀な技能実習生の獲得には監理団体選びも重要です!
専任のプロにお任せください!

無料
最適な監理団体を紹介

ハイフン(-)をつけてください。(例:03-0000-0000)

 

最新情報をチェックしよう!
>1分カンタン入力で無料お見積り

1分カンタン入力で無料お見積り

技能実習生.jpでは全国の監理団体から一括でご紹介できるので、比較検討がカンタンにでき御社にピッタリな組合を見つけることができます。

CTR IMG
テキストのコピーはできません。