山形で技能実習生を受け入れるコツとは!?監理団体選びも同時解説

山形県では、現在1400人ほどの技能実習生が受け入れられています。全国的に見ると、山形県の受け入れ数は多くはありません。ただ、山形県の産業では、これから人手不足が必ず課題になってきます。

そこで、今回の記事では山形県で技能実習生を受け入れるまでの流れと技能実習生受け入れのコツを解説していきます。技能実習生制度は難しく思えますが、ポイントさえ抑えておけば失敗するリスクは減らすことができます。

「将来的に技能実習生を受け入れる予定がある」そんな山形県の企業担当者様はぜひ、ご一読下さい。

山形県の産業、技能実習生制度の必要性

山形,技能実習生

山形県の産業は、製造業の総生産比率が最も高く、サービス業、不動産業が後に続きます。全国と比較すると製造業と農業の割合が高めであるため、山形県の産業は生産寄りの仕事が多いことが分かります。

特に製造業は、電子部品・デバイス・電子回路分野が盛んです。この辺りは技能実習生の対象職種ともなりますね。

山形県の主要企業としては、東証一部上場にもなったヤマザワをはじめ、第一貨物、日東ベストなど名立たる企業が名を連ねています。

そんな山形県では、年々過疎化及び少子高齢化の影響からか労働者の減少が深刻化しています。山形県には、独自技術を持つ中小企業が多く点在しており、中には世界最先端と呼べる技術を持っている企業もあります。

そんな企業でも人手がいなくなれば、研究する暇がなくなったり、高度な技術を持つ人たちが現場作業に従事するしかなくなったりするなど、技術衰退してしまう可能性が高くなります。

山形県の企業は、技能実習生の主目的である国際貢献という面ももちろんですが、暫定的な労働力の確保という意味合いで、技能実習生の受け入れを検討しなければならない時代はすぐそこまで来ていると考えられます。

山形県で技能実習生を受け入れる手順

山形,技能実習生

山形県は、技能実習生の受け入れが全国でも進んでいません。なので、必然的に技能実習生制度について詳しい人は少ないと言えます。
そこでまずは具体的に山形県で技能実習生を受け入れるにはどういう手順になるのかみていきましょう。

山形県で技能実習生を受け入れるまでの流れ

  1. 山形県内対応の監理団体を調査し十分に比較検討
  2. 検討し選出した監理団体の担当者と面談を重ね、信頼できるところを選定
  3. 選定した監理団体(協同組合)に加入
  4. 監理団体の担当者と相談しながら受け入れたい人材をオーダー
  5. 監理団体が現地の送り出し機関にオーダーを伝える
  6. 送り出し機関がオーダーに従い人材を募集
  7. 送り出し機関から現地へ面談要請
  8. 監理団体の職員と現地へ向かい面談を行う(通訳は監理団体が手配)
  9. 受け入れ企業が技能実習生候補を選定
  10. 受け入れ企業が技能実習計画を作成
  11. 送り出し機関が技能実習生に対し、日本語教育などを実施
  12. 技能実習生が入国
  13. 監理団体が技能実習生に対し一定期間、日本語、マナー研修などを行う
  14. 技能実習開始
コロナの影響で日本で働く場所がなくなった実習生がいます
働きたいけど働く場所がない実習生は企業を探しています!!↓↓↓
すぐに仕事をしたい実習生が 待っています,コロナ,解雇

ぜひご登録ください!!

山形県で技能実習生受け入れ成功のコツは念入りな監理団体の選定

山形県は、冒頭で紹介した通り全国でも技能実習生の受け入れが進んでいない県になります。なので、技能実習制度の窓口である、協同組合(監理団体)も経験値が高いとは言えません。

だからこそ、山形県で監理団体の選定は慎重に慎重を重ねて行わなければなりません。

監理団体は、紹介した受入れまでの流れを見て分かる通り技能実習生制度の中核を担っています。

技能実習生制度のより良い活用を目指すのであれば、親身に、誠意ある対応をしてくれて、経験値も高い団体を探し出すことができれば理想的です。

しかし、すべてが理想の条件に合致する監理団体に出会うのは思いの他むずかしいです。

なので、まずは複数の監理団体と実際に話をして、自社の最低条件を満たし、誠意ある対応をしてくれる団体を探しましょう。
監理団体をしっかり選定できれば技能実習生制度の運用は成功に限りなく近くなります。(逆もまたしかりですが)

技能実習生制度は、これから全国的に広がっていく制度です。今は業務経験が少なくても、誠意ある対応を心掛けている団体であれば、監理団体と受け入れ企業自身も共に成長することができます。

なので、監理団体を選定するときは「知人の紹介だから」「選定する時間がないから適当に」といったように安易には選ばず、自社で納得できる基準と担当者の対応を見て決めることが初めて技能実習生を運用する上で何よりも重要なことと言えます。

技能実習生受け入れを成功させるなら専門家に相談!

監理団体をじっくり選ぶと言っても、監理団体の総数は2600団体と膨大な数に及びます。山形県というエリアに対応していて、なおかつ自社の条件と合致する団体をリストアップするだけでも手間です。

そこから細かい条件を調べ上げて、フィルターにかけていくというと作業量もバカになりません。

そこで、監理団体の選定は我々専門家にお任せください。
あなたの会社にあった監理団体を厳選して、ご紹介いたします。

私たちは、膨大な監理団体の情報を保有しています。

「時間の節約をしたい」「情報の精度を上げたい」などどんな目的でも構いません。
これから山形県で監理団体選びをしようと考えているならば、まずはお気軽にご相談下さいませ。

↓↓↓以下のフォームからカンタン1分登録で、あなたに代わって監理団体をお探しいたします。↓↓

監理団体(組合)たくさん、ありすぎて困る!どこも一緒では?
いいえ!優秀な技能実習生の獲得には監理団体選びも重要です!
専任のプロにお任せください!

無料
最適な監理団体を紹介

ハイフン(-)をつけてください。(例:03-0000-0000)

 

山形,技能実習生
最新情報をチェックしよう!
>1分カンタン入力で無料お見積り

1分カンタン入力で無料お見積り

技能実習生.jpでは全国の監理団体から一括でご紹介できるので、比較検討がカンタンにでき御社にピッタリな組合を見つけることができます。

CTR IMG
テキストのコピーはできません。