鳥取の技能実習生制度!採用の流れと監理団体選びのポイント

鳥取の人材不足に立ち向かう!技能実習生制度の流れとポイント

鳥取県では、少子高齢化、過疎化の進行など深刻な人口問題が懸念されています。少子高齢化や若者の県外流出は、鳥取県内の生産年齢人口の減少を意味します。

そして、そのことが産業の面で人手不足を加速させ、いつしか事業運営に大きな支障をきたすのではと懸念されている経営者様が多くいます。そこで、注目を集めているのが技能実習制度です。

若い外国人を受け入れ、海外への日本の技術移転を計りながら、人手不足の解消を狙うこの制度は中小企業を始め、人材を多く確保したいと願う人事担当者から多くの支持を集めています。

この記事では、鳥取県で技能実習生を受け入れるまでの流れを簡単にお伝えしていきます。また、技能実習生受け入れのポイントについても併せてご紹介致します。

「技能実習生制度を調査中」「将来的に活用してみたいと考えている」という鳥取県の企業担当者の方は、まずはこの記事を見て技能実習生制度について知っていただければ幸いです。

技能実習生と鳥取県の産業との相性

鳥取,技能実習生

現在、鳥取県内で最も仕事に従事している人が多いのは、製造業となります。
次に医療福祉、宿泊業・飲食サービス業などが主要な産業となります。基本的にはこれらの業界は人手不足が常に深刻です。
これは県内の有効求人倍率がここ数年で1倍程度から2倍程度まで跳ね上がっていることからも明らかになっています。

鳥取県の産業を支えるこれらの産業と技能実習生との相性はとても良いです。技能実習生は、職種によって受け入れができる職種とできない職種がありますが、鳥取県内の産業では多くの業種で技能実習生の採用が可能となっています。

鳥取県で技能実習生を受け入れる手順

鳥取,技能実習生

技能実習生制度は、自社企業で外国人に雇用を呼びかけるような単純なものではありません。必要とされる知識は多く技能実習生制度について調べるだけでも膨大な時間がかかります。

そんな技能実習生を受け入れるまでの流れを簡単に説明していきます。
鳥取県で実習生を受け入れるには「大まかにはこういう流れで受け入れるんだな」ということを知っていただければ幸いです。

鳥取県で技能実習生を受け入れるまでの流れ

  1. 鳥取県内に対応している監理団体を洗い出し及び調査をして比較検討
  2. 選出した監理団体の担当者と面談を重ね、信頼できるところを選定
  3. 選定した監理団体(協同組合)に加入
  4. 監理団体の担当者と相談しながら受け入れたい人材をオーダー
  5. 監理団体が現地の送り出し機関にオーダーを伝える
  6. 送り出し機関がオーダーに従い鳥取に来れる人材を募集
  7. 送り出し機関から現地へ面談要請
  8. 監理団体の職員と現地へ向かい面談を行う(通訳は監理団体が手配)
  9. 受け入れ企業が技能実習生候補を選定
  10. 受け入れ企業が技能実習計画を作成
  11. 送り出し機関が技能実習生に対し、日本語教育などを実施
  12. 技能実習生が入国
  13. 監理団体が技能実習生に対し一定期間、日本語、マナー研修などを行う
  14. 鳥取県の受け入れ企業で技能実習開始

細かな違いはありますが、鳥取県で既に技能実習生制度を運用している企業は、この流れに沿って技能実習生の受け入れが行われています。

この流れを見て分かる通りほぼすべてのフローで出てくるのは監理団体になります。

つまり、まずは自社の希望を叶えてくれる監理団体を見つけることが、技能実習制度においては最大のキモなのです。

コロナの影響で日本で働く場所がなくなった実習生がいます
働きたいけど働く場所がない実習生は企業を探しています!!↓↓↓
すぐに仕事をしたい実習生が 待っています,コロナ,解雇

ぜひご登録ください!!

どんな監理団体と会えばいい?監理団体は目的や自社の条件と合うところと選ぶ

鳥取,技能実習生

監理団体には、様々な特徴がありますが、特に違いがあるとしたら扱っている国籍です。
現在、技能実習生の半分以上を占めるのがベトナム人と中国人の技能実習生です。ただ、それ以外にもモンゴル人やフィリピン人など様々な国籍から技能実習生の派遣ができます。

特定の外国人が良いという場合には、対応した監理団体を選ぶ必要があります。

また、これからの海外進出に向けて現地の技能実習生を受け入れて、現地で雇用することで足がかりにしていきたいという企業が多くなってきています。
海外進出を考えている場合、「これからビジネスを行う展途上国の技能実習生を先んじて受入れておく」という単なる労働力の確保だけではない目線も増えてきているのです。

次に着目しておきたいのは、対応エリアや業種です。監理団体によって対応しているエリアがことなりますので、まずは鳥取県の自社の市町村に対応した監理団体を選ぶ必要があります。更には、自分の産業領域に詳しい監理団地を選ぶ必要があります。

自分の産業に興味のある人材を集める能力がない送り出し機関と提携している監理団体と契約してしまうと、いつまでたっても候補者が出てこないこともあり得ます。

監理団体を探すには最低限この3つを軸に探し始める必要があるのです。

技能実習生制度の肝となる監理団体の選出はプロにお任せ!

我々はあなたの会社に合う監理団体を選出するサービスを行っています。
御社が希望するエリア、業種、送り出し国(国籍)で監理団体をマッチングしていきます。

「監理団体選びと言われてもそもそも、どこに電話すれば良いか分からない」そんな企業様はまずは下のフォームよりお問い合わせください。

監理団体選びの最大のキモとなるのは、最後には「相性」です。
それは、サービスとの相性もあれば、金額やビジネスビジョン、担当者との相性があります。これは一概にデータ化できず、各々により違うため明確な答えがありません。
最適解は、最終的に自分の肌で確かめるしかありません。

弊社では、早ければ翌日には最適な監理団体を絞り込んでご紹介することが可能です。

「まずは自社の条件に合った監理団体を探してみよう」
そんな企業担当者の方はぜひ、当サービスをご利用ください。

実際、「今回紹介してもらって本当に良かった。そもそもどこに頼むかもわからず去年頼んだところがいかに何もしない所だったかわかった。今回は何社も提案してくれて十分に選べて、去年頼んだところも解約して、新しいところに変える」との声をいただいています。

監理団体を探している方は、ご活用下さいませ。

↓↓↓以下のフォームからカンタン1分登録で、あなたに代わって監理団体をお探しいたします。↓↓

監理団体(組合)たくさん、ありすぎて困る!どこも一緒では?
いいえ!優秀な技能実習生の獲得には監理団体選びも重要です!
専任のプロにお任せください!

無料
最適な監理団体を紹介

ハイフン(-)をつけてください。(例:03-0000-0000)


 

鳥取,技能実習生
最新情報をチェックしよう!
>1分カンタン入力で無料お見積り

1分カンタン入力で無料お見積り

技能実習生.jpでは全国の監理団体から一括でご紹介できるので、比較検討がカンタンにでき御社にピッタリな組合を見つけることができます。

CTR IMG
テキストのコピーはできません。