縫製業界の技能実習生受入れは厳しい?他社と差がつくオーダーの方法

縫製繊維衣服業界で、技能実習生が酷使されているニュースが相次いでいます。
そうした現状があったからか、「縫製業界はあまり良くない」という噂が現地でも広がりつつあります。

では、なぜ縫製業界の評判が悪くなってしまったのか、それに対して自社で技能実習生の受け入れをする際にはどうすればいいのか、今回の記事では、縫製業界にまつわる技能実習生についてご紹介致します。

技能実習生(研修生)から評判が悪い縫製業界

 

縫製,技能実習生技能実習生候補たちにとって、縫製業界は日本で言うところのブラック企業のような認識を持っている方が多いようです。

2017年に放映されたテレビ東京の「ガイアの夜明け」でも外国人技能実習生(研修生)のブラック労務問題が取り沙汰されていました。

縫製業への技能実習希望が減っている?

縫製業で行われていたのは、賃金未払いと労務規定違反です。
ガイアの夜明けで放映された内容によると、約2年半もの間、酷使された中国人技能実習生たちは620万円もの賃金未払いがあったそうです。

さらに、1日15時間勤務の土日休みなしというまさしく「ブラック」と言わざるを得ない状況でした。

縫製繊維衣服業界では法令違反が多発

技能実習生を活用するにあたり、縫製繊維衣服業界全体で、最低賃金より低い給与支給・残業代割り増し分未払い・サービス残業など、労務問題が多発しています。

技能実習生の受け入れ業種の中でも、労務問題の発生率は縫製繊維衣服業界が最多です。
特に縫製業は、法令違反が顕著な傾向にあります。

このような現状から、縫製繊維衣服業界は技能実習生が集まりにくいことはおろか、技能実習生を紹介する監理団体からも敬遠されているという報告もあります。

それでも後を絶たない求人の理由

「それならどう頑張っても面談にすら来ないのではないか」とも感じますよね。
ただ、縫製業界(アパレル関係)は憧れる方が多いため、現実として人が集まらないわけではないようです。

  1. 悪質な環境でも実習申込者が多いから入ってくる
  2. 悪質な場所で酷使される
  3. 技能実習生が縫製業の実習は不味いと噂する(実習申込者が減る)

こんな悪循環が起きているのですね。

ただ、今はそれでもやっていけていますが、今後噂が広がり続ければ、最後には縫製業界は誰も立ち入らず、結局人手不足の状況に陥る状況に戻りかねません。

現在は、技能実習生に対して適切な労働契約の元働いてもらうという法規制も進んでいます。
今後「奴隷」のような使い方をしていれば、自分の首ないしは縫製業界全体の首を絞めることにも繋がりますので、ご注意ください。

他社と差がつく縫製繊維衣服業界における技能実習生オーダーの方法

縫製,技能実習生

「うちの会社は真面目にやっている」
もちろん、そういった縫製繊維衣服業界の企業様もあります。

一部の人たちのせいで、迷惑をかけられるのは、いつだって善良な経営者です。

そこで、評判の悪い縫製業界であっても、技能実習生たちに安心して来てもらえる他社と差がつくオーダーの方法をご紹介します。
真面目にやっている縫製業界の経営者様はぜひ参考にしてみてください。

コロナの影響で日本で働く場所がなくなった実習生がいます
働きたいけど働く場所がない実習生は企業を探しています!!↓↓↓
すぐに仕事をしたい実習生が 待っています,コロナ,解雇

ぜひご登録ください!!

適切な雇用条件・実習内容の設定

まず最低限の条件として、適切な雇用条件と実習内容の設定をしてみてください。

「ブラックな実習先」は雇用条件を実際よりもかなり盛っています。
そうしなければ人が集まりませんからね。

それに対し、差がつく方法としては、きちんと「実現可能」な金額や労働条件を設定してください。

他社とは、この時点で見劣りしてしまいますが、嘘を書くほうがよっぽど後々のトラブルに繋がりやすいです。
良いことを書きたい気持ちは分かりますが、誠実に対応しましょう。

支払い実績や受入れた外国人技能実習生の状況を展開

技能実習生候補たちは、あなたの会社を半信半疑で見ています。

ですので、面談時に今まで行われた支払い実績など労働者が気になるであろうデータを公開しましょう。
既に技能実習生を迎え入れているならば、インタビューなどをお願いして「実習後の生活が安心できるもの」であることを伝えてください。

もちろん、確証を得られるという話ではありませんが、何もない会社よりもよほど誠実に対応しているように見られます。

一度来てもらえて満足して帰国してもらえば、口コミで「縫製業界でも、あなたの会社なら安心」だと伝わります。
日本以上に口コミが信用される傾向にありますので、長い目で見た時に必ず他社と差が出てきます。

面談時に丁寧に接し不安を払拭する

「奴隷のように扱われるかもしれない」きっとブラック企業に実習に行った実習生の関係者はそう思うはずです。

面談時には、不安を抱えている技能実習生たちに対して、信頼を勝ち得るか否かが他社との差がつく要因となります。
高圧的に接せず、細かく人柄を見てみましょう。面談後に懇親会をするのも信頼の獲得に繋がるという報告もあります。

また、実習中もモチベーションが高ければよい仕事をしてくれるという可能性も期待できますね。

悪質な監理団体は避け「優良」認定を受けた監理団体と契約

縫製,技能実習生

ブラック企業に技能実習生を紹介してしまうような悪質な監理団体は残念ながら存在します。

そこで、おすすめしたいのは、「優良」認定を受けた監理団体です。
優良認定は、紹介した企業と技能実習生が正しく運用されている実績がなければ認められません。

縫製業界に強く、企業と技能実習生のサポートに長けた監理団体であれば、強力に会社の助けになることは間違いありません。

また、優良な監理団体と契約することは会社にもメリットがあります。
優良監理団体かつあなたの会社が優良実習先として認定された場合、技能実習生は通常最大3年間のところ最大5年の実習を受けることができるようになります。

このように技能実習生制度を理解し、正しく運用することのメリットは大きいのです。

技能実習生を酷使すれば人手不足に打つ手がなくなるからこそ誠実な対応を

2019年4月には在留資格「特定技能」が始まることにより、技能実習生たち更に5年日本で働くことができるようになりました。

技能実習生を使い捨てと考えず、今後長い付き合いをする正社員候補と考え、誠実な対応を心がけることが求められています。

技能実習生を雇うには、まずは監理団体探しをしなければなりません。

しかし、監理団体はそれぞれ特徴が違っており、自社に合う監理団体をしっかり選ぶには複数の監理団体に会って話すのが一番です。

そんな監理団体探しは「技能実習生.jp」にお任せください。

1分間の簡単な登録で無料で御社の条件に合う監理団体をお探しいたします。

↓↓↓登録はこちらから↓↓↓

↓↓↓以下のフォームからカンタン1分登録で、あなたに代わって監理団体をお探しいたします。↓↓

監理団体(組合)たくさん、ありすぎて困る!どこも一緒では?
いいえ!優秀な技能実習生の獲得には監理団体選びも重要です!
専任のプロにお任せください!

無料
最適な監理団体を紹介

ハイフン(-)をつけてください。(例:03-0000-0000)

 

縫製,技能実習生
最新情報をチェックしよう!
>1分カンタン入力で無料お見積り

1分カンタン入力で無料お見積り

技能実習生.jpでは全国の監理団体から一括でご紹介できるので、比較検討がカンタンにでき御社にピッタリな組合を見つけることができます。

CTR IMG
テキストのコピーはできません。