簡単解説!佐賀で技能実習生を受入れまでの流れとポイント

佐賀で技能実習生を受入れるには?流れを分かりやすく解説!

佐賀県では、現在2000人ほどの技能実習生が受入れられています。
佐賀県の技能実習生受け入れ数は全国的に見てもそう多くはありません。ただ、技能実習生の受け入れ数自体は、全国的には年々拡大してきています。若い労働力が有り余っている外国の人材を受け入れることで、暫定的に人手不足の解消を狙うのです。

この制度は佐賀県の中小企業など、深刻な人材不足に頭を悩ます人事担当者から多くの支持を集めています。

そこで、この記事では佐賀県で技能実習生を受け入れるまでの流れを分かりやすく簡単にお伝えしていきます。また、技能実習生受け入れのポイントについても併せてご紹介致します。

「技能実習生を受入れたい」「興味がある」佐賀県の企業担当者の方は、まずはこの記事を見て技能実習生制度について知っていただければ幸いです。

技能実習生と佐賀県の産業との相性

佐賀県の県内総生産は約3兆円ほどです。右肩上がりといいうわけではありませんが、緩やかな経済成長を続けています。

第三次産業が66%程度、第二次産業が30%程度、第一次産業が3%程度なので全国平均的に見るとやや第二次産業の割合が多くなっています。

特に県内総生産における製造業における割合は高くなっています。技能実習生制度はその半数以上が製造業に関する職種となります。なので、製造業に重きを置いている佐賀県と技能実習生の相性は決して悪くはありません。

ですが、佐賀県で技能実習生受け入れがまだ進みきっていない理由としては、 情報の展開や対応する団体が他の地方と比べ少ないからと考えられます。

ただ、これからの少子高齢化の時代、否応がなしに外国人戦力に頼ることにもなります。
今の内から技能実習生という人材確保手段を習熟しておくことは、人手不足倒産を招きかねないような万が一のときのためにも役立ちます。

佐賀県で技能実習生を受け入れる手順

佐賀,技能実習生

具体的に佐賀県で技能実習生を受け入れるにはどうすればよいのでしょうか。
「受入れまでには専門知識が必要なんじゃ……」とお考えの方はご安心下さい。

技能実習生受入れは、監理団体という技能実習生業務を専門に行っている協同組合に加入することで、キチンと複数人の従業員を雇い経営をしている企業ならばどの企業でも受け入れをすることは可能です。

もちろん、技能実習生を受入れるにあたり、必要最低限な知識や体制を整える必要はありますが、それでも一から十まですべての業務をこなさなければならないというわけではありません。

ほとんどの作業が監理団体サポートの元に行われるので、キチンと業務をサポートしてくれる団体を選ぶことができれば心配はほぼいりません。

では、具体的に佐賀県で技能実習生を受入れるまでの流れを見ていきましょう。

佐賀県で技能実習生を受け入れるまでの流れ

  1. 佐賀県内に対応している監理団体を洗い出し及び調査をして比較検討
  2. 選出した監理団体の担当者と面談を重ね、信頼できるところを選定
  3. 選定した監理団体(協同組合)に加入
  4. 監理団体の担当者と相談しながら受け入れたい人材をオーダー
  5. 監理団体が現地の送り出し機関にオーダーを伝える
  6. 送り出し機関がオーダーに従い佐賀に来れる人材を募集
  7. 送り出し機関から現地へ面談要請
  8. 監理団体の職員と現地へ向かい面談を行う(通訳は監理団体が手配)
  9. 受け入れ企業が技能実習生候補を選定
  10. 受け入れ企業が技能実習計画を作成
  11. 送り出し機関が技能実習生に対し、日本語教育などを実施
  12. 技能実習生が入国
  13. 監理団体が技能実習生に対し一定期間、日本語、マナー研修などを行う
  14. 佐賀県の受け入れ企業で技能実習開始

いかがですか?
ほぼ全ての流れに監理団体が関わっているので、自社でそこまで難しい専門知識を蓄える必要はありません。唯一ハードルが高そうなのが現地への面談ですが、通訳さんも手配してくれますし、積み重ねたノウハウから技能実習生の選出も手伝ってくれます。

なので、技能実習生を受入れたいと思ったら、技能実習生制度の理解よりもまずは監理団体に話を聞きに行くことを優先してみましょう。

佐賀県で監理団体の選出をするならサポートはお任せください!

佐賀県で技能実習生を受け入れるには、監理団体の存在が必要不可欠です。
ただ、佐賀県で技能実習生業務をしている協同組合がどこななのか、その協同組合が本当に自社の最低限の条件と合致しているのかを調べるのは手間がかかります。

インターネットで情報を拾うことも可能ですが、信憑性や情報の有無などを考えると信頼できる情報はほとんどないと言っていいでしょう。

そこで、監理団体の選出は我々にお任せください。
エリアや受入れたい技能実習生の国籍などの情報をすべて把握してるので、御社の希望に合った監理団体選びを円滑にするサポートができます。

実際、全国で多くの企業様に支持をいただいており、喜びの声も多くいただいています。

技能実習生を受け入れるならば、まずは監理団体を選出することが肝心というお話は再三致しましたが、監理団体の担当者と実際に会い、相性や誠実さを見ることも同じくらい大切です。

ただ、やみくもに全ての協同組合を回っていくのは大変でしかありません。行くべきところをリストアップして最低限回っておかなければならないところだけを回るのです。

その条件を満たした監理団体のリストアップ作業は、我々にお任せ下さいませ。
早ければ翌営業日にはご紹介をさせていただきます。

ぜひ、ご活用ください。

↓↓↓以下のフォームからカンタン1分登録で、あなたに代わって監理団体をお探しいたします。↓↓

監理団体(組合)たくさん、ありすぎて困る!どこも一緒では?
いいえ!優秀な技能実習生の獲得には監理団体選びも重要です!
専任のプロにお任せください!

無料
最適な監理団体を紹介

ハイフン(-)をつけてください。(例:03-0000-0000)

 

佐賀,技能実習生
最新情報をチェックしよう!
>1分カンタン入力で無料お見積り

1分カンタン入力で無料お見積り

技能実習生.jpでは全国の監理団体から一括でご紹介できるので、比較検討がカンタンにでき御社にピッタリな組合を見つけることができます。

CTR IMG
テキストのコピーはできません。