山口県で始める技能実習生受入れ!流れとポイントを徹底解説

山口県では、現在3,200人ほどの技能実習生が受入れられています。
山口県の技能実習生受け入れ数は47都道府県中26位と平均的です。ただし、技能実習生の受け入れ数は、全国的に拡大しています。既に良い技能実習生の争奪戦は始まっています。これは山口県でも例外ではありません。

そこで、この記事では山口県で技能実習生を受け入れるまでの流れを分かりやすく簡単にお伝えしていきます。また、技能実習生受け入れのポイントについても併せてご紹介致します。

「これから技能実習生を受入れたい」「確実に人材不足となる将来のために選択肢として知っておきたい」そんな山口県の企業担当者の方は、まずはこの記事を見て技能実習生制度について知っていただければ幸いです。

技能実習生と山口県の産業との相性

山口,技能実習生

山口県では、瀬戸内海沿岸で大正時代より造船・化学・機械・金属業などの基礎素材系産業が盛んに行われています。その歴史は古く、大正時代にまで遡ります。また、輸送用機械の製造にも強い特徴があります。自動車メーカーの大手メーカーが揃い関連産業が集積しています。また、医薬品製造施設が山口県に集中していることから、日本の医療は山口県によって支えられているといっても過言ではありません。

つまり、山口県は、日本を支える製造拠点を数多く保有しているのです。
県内総生産の比率を全国で比較してみると、第二次産業、製造業の割合が高いことからが分かります。

技能実習生のは、製造業系職種が多くあります。なので、山口県と技能実習生との相性は良いと言えるでしょう。

山口県は、下関市を中心に人口が多く、主要都市に人が集中する構造になっています。
その内、外国人居住者人口は1万人3000人程度です。外国人の数は比較的多いため、県民にも外国人は受け入れられやすい土壌が整っていると言えるでしょう。

山口県で技能実習生を受け入れる手順

山口,技能実習生

「でも、外人さんを受入れるとなると、専門知識や語学力が必要なんじゃ……」とハードルの高さにお悩みの方はご安心下さい。

技能実習生を受け入れるために必要なことは、「監理団体への加入」と「普通の従業員を雇うよりも少し多めの資金」さえあれば可能です。

特別難しい専門知識を自社で保有する必要は基本的にはありません。

技能実習生たちは、採用が決定すると現地の送り出し機関が約半年程度日本語教育やマナー教育を行います。入国後監理団体も研修を1か月ほど行うからです。
この研修により入国する頃には、日常生活で必要最低限の日本語は身に着けてきます。
もちろん、語学を身に着けるのは有用ですが、あればよりコミュニケーションをとるのがスムーズになるという程度です。

他には、技能実習生を受入れるにあたり必要最低限な衣食住の準備や受け入れまでの最低限の知識や体制を整える必要はありますが、求められるレベルはそう高くはありません。

実際に何の知識もない企業でも、監理団体のサポートの元、受入れに成功しています。
では、具体的に山口県で技能実習生を受入れるまでの流れを見ていきましょう。

山口県で技能実習生を受け入れるまでの流れ

  1. 山口県内に対応している監理団体を洗い出し及び調査をして比較検討
  2. 選出した監理団体の担当者と面談を重ね、信頼できるところを選定
  3. 選定した監理団体(協同組合)に加入
  4. 監理団体の担当者と相談しながら受け入れたい人材をオーダー
  5. 監理団体が現地の送り出し機関にオーダーを伝える
  6. 送り出し機関がオーダーに従い山口に来れる人材を募集
  7. 送り出し機関から現地へ面談要請
  8. 監理団体の職員と現地へ向かい面談を行う(通訳は監理団体が手配)
  9. 受け入れ企業が技能実習生候補を選定
  10. 受け入れ企業が技能実習計画を作成
  11. 送り出し機関が技能実習生に対し、日本語教育などを実施
  12. 技能実習生が入国
  13. 監理団体が技能実習生に対し一定期間、日本語、マナー研修などを行う
  14. 山口県の受け入れ企業で技能実習開始

自社にとって適切な監理団体を選ぶことができれば、技能実習生を受入れることはそう難しいものではありません。ですが逆に言えば、技能実習生の受入れの最大のポイントとなるのが、自社にあった監理団体を選出することとも言えます。

技能実習生の受入れで失敗したと話す企業の中には「最初に選んだ監理団体は何も仕事をしてくれないところだった」といった声が多いほどです。上記のような流れをキチンとこなしてくれる誠実な団体を選ぶべきでしょう。

ただ、一から理想的な監理団体を選ぶことは難しいです。
まずは、技能実習生制度自体の理解を深めるためにも、監理団体に話を聞きに行くことをおすすめします。何社か面談しているうちに、誠実さや細かい求める条件など、自社の希望がはっきりするだけでなく監理団体ごとの違いが分かるようになります。

これを繰り返して最適な監理団体を選ぶことこそが技能実習生制度を成功に導く秘訣です。

山口県で監理団体の選出をするならお任せください

山口県で技能実習生を受け入れるには、監理団体を選出することが最大のポイントになります。
ただ、山口県で技能実習生業務をしている団体の数はかなりの数に及びます。
全ての監理団体にアポを取って面談するのが一番良いのですが、費用も時間もかかります。

しかも、フィリタリングするにしても詳しい情報を調べようとしても、インターネットだけで全ての情報を拾うことも難しいです。
どの監理団体にどのような違いがあるかも調べるのは非常に困難なのです。

そこで、監理団体の選出は我々にお任せください。
弊社は、対応エリア・派遣できる技能実習生の国籍などの情報をすべて把握しています。なので御社の希望に合った監理団体選びを円滑にするサポートができます。

実際、このサービスは、全国で多くの技能実習生制度を始めたいと考える企業様に支持をいただいており、喜びの声も多くいただいています。

あなたの会社にあった監理団体を、早ければ翌営業日にはご紹介をさせていただきます。
まずは、ご相談下さいませ。

↓↓↓以下のフォームからカンタン1分登録で、あなたに代わって監理団体をお探しいたします。↓↓

監理団体(組合)たくさん、ありすぎて困る!どこも一緒では?
いいえ!優秀な技能実習生の獲得には監理団体選びも重要です!
専任のプロにお任せください!

無料
最適な監理団体を紹介

ハイフン(-)をつけてください。(例:03-0000-0000)

 

山口,技能実習生
最新情報をチェックしよう!
>1分カンタン入力で無料お見積り

1分カンタン入力で無料お見積り

技能実習生.jpでは全国の監理団体から一括でご紹介できるので、比較検討がカンタンにでき御社にピッタリな組合を見つけることができます。

CTR IMG
テキストのコピーはできません。