プラスチック成形で技能実習生!流れから監理団体選びまで

「求人を出しても、人が集まらない……」

現在、多くの企業が抱える経営リスクをご存知でしょうか?
それは、人材不足です。仕事があるのに人がいないから達成できず、業績が伸び悩む。そんな企業が増えてきています。

プラスチック成形業は、非常に多くの需要がありますが、それに反して人材は足りていない状況です。折角の技術のある日本人社員も人材不足のせいで労働時間が長くなってしまい体を壊す、そんな悪循環に陥っている企業も少なくないのではないでしょうか?

そんな中、今、プラスチック成形業を営む中小企業の中で技能実習生制度が注目を浴びています。
常に人手不足を抱えるプラスチック成型業では、若い労働力となる技能実習生を受入れる企業が増えてきています。

今回の記事では、これからのプラスチック成形業の中小企業を救う手助けになる「技能実習生を受け入れる方法や受け入れの際に不安に思うこととその現実」と共に「技能実習生受入れに必須の監理団体選びのポイント」についてご紹介していきます。

プラスチック成形業を営む中小企業で、技能実習生の受入れに興味があるはぜひご一読下さい。

プラスチック成形業で技能実習生を受入れるには?

プラスチック成形,技能実習生

技能実習生の受入れは、概ね下記のフローで行われます。

「監理団体に加入→現地で面談→現地で教育→入国→監理団体による教育→受入れ」

基本的には技能実習生受け入れには、監理団体の加入が必須となります。
監理団体を通じて現地や入国管理局など政府機関とのやり取りが行われます。なので、受け入れ企業が対応するのは、基本的に監理団体の担当者と技能実習生本人だけになります。

監理団体というと特殊な団体に聞こえますが、組織名としては「〇×協同組合」といったものです。既に加入している組合がある場合には、まずはそこで技能実習生業務をしているか聞いてみるのもいいかもしれません。

監理団体は、技能実習生受け入れにおいては、パートナーと呼ぶべき相手になります。
技能実習生受け入れを失敗させないためには、何よりも監理団体選びを慎重に行うことをおすすめします。

コロナの影響で日本で働く場所がなくなった実習生がいます
働きたいけど働く場所がない実習生は企業を探しています!!↓↓↓
すぐに仕事をしたい実習生が 待っています,コロナ,解雇

ぜひご登録ください!!

プラスチック成形業ではどんなことを技能実習生に任せられる?

プラスチック成形業では、射出成形作業を行う仕事であれば技能実習生に任せることが可能です。

プラスチック成形業の定義は以下の通りです。
「 プラスチック材料を加熱し、当該成形品を作成するに適した成形条件(樹脂温・射出圧力・射出時間・射出速度・計量値・金型温度・背圧等々)を設定し、溶融されたプラスチック材料を金型の中へ高圧で充填し形を作る作業」

具体的には、射出成形機及び付属機器の操作や成形品の仕上げ加工、成形品の寸法測定などの作業のことを指します。
また、第二号技能実習生、第三号技能実習生と在留資格が進むごと成形品の良否の判定作業、材料及び金型の取扱い作業、作業記録の作成作業、成形不良の防止作業、射出成形機及び付属機器の操作、調整及び保守作業も加わります。

これらの作業を盛り込んだ技能実習計画を立て、身に着けさせながら会社の力になってもらうことが、プラスチック成形業における技能実習生受入れとなります。

自社の業務が該当するか微妙、どのような技能実習計画を立てればいいか分からないと言う方は、その部分もサポートしてくれるような監理団体を見つけ、アドバイスをもらうようにしましょう。

技能実習生の受入れでよくある不安は?成功企業はどう対策している?

プラスチック成形,技能実習生

不安①技能実習生は失踪しない?

「技能実習生」と検索すると必ず目にするのが、失踪と言う言葉ではないでしょうか?
技能実習生たちが失踪してしまうことは、確かに社会問題になっています。仮に「自社でそんなことが起きてしまえば……」と不安になる気持ちも当然です。

ですが、技能実習生の失踪の裏には、賃金等の不払い、人権無視、研修・技能実習計画との齟齬などとといった受け入れ企業側の横暴なふるまいが起因していることがほとんどです。

キチンと技能実習生たちを人として尊重していれば、失踪が起こる可能性はほとんどありません。また、法令遵守に知識の強い監理団体を選び、彼らのルールと自社のルールのすり合わせを行いましょう。
監理団体と協力して技能実習生たちに現状をヒアリングしていくことで、失踪リスクはほぼゼロにまで抑えられるといって過言ではありません。

基本的に自社が健全な会社であるならば、失踪リスクはないと考えていいでしょう。

不安②小さい会社だけど会社の人と上手くやってくれるか?

小企業だと社員同士の距離が近く、技能実習生が入ることで和が乱れることを心配してしまう経営者様は多いです。
ですが、技能実習生の受け入れは7割が小企業により行われています。

そして、そのほとんどの企業が、技能実習生と上手く調和しながら仕事をしているのです。
なので、「外国人だから」といった不安はあまりしなくても良いでしょう。

もちろん、監理団体と連携して相互理解に努めている必要はありますが、お互いの努力次第で技能実習生は企業経営の良きパートナーになっているのです。

プラスチック成形業での技能実習生受入れするなら監理団体選びが重要

再三紹介しているように「監理団体選び」こそが技能実習受入れにおける最重要ポイントです。
ですが、協同組合(監理団体)は性質上、広告活動等ができないため、情報が拡散されにくい性質があります。なので、自社に最適な監理団体かどうかは、地道に探し出す他ないのです。ただ、それには膨大な時間がかかります。

そこで、最初の面倒な監理団体選びは弊社が全力でサポート致します。
あなたの会社の希望を聞き、最適な監理団体を最短で翌営業日には紹介することが可能です。

ぜひ、効率よい監理団体探しのために弊社のサービスをご利用くださいませ。

↓↓↓以下のフォームからカンタン1分登録で、あなたに代わって監理団体をお探しいたします。↓↓

監理団体(組合)たくさん、ありすぎて困る!どこも一緒では?
いいえ!優秀な技能実習生の獲得には監理団体選びも重要です!
専任のプロにお任せください!

無料
最適な監理団体を紹介

ハイフン(-)をつけてください。(例:03-0000-0000)

 

プラスチック成形,技能実習生
最新情報をチェックしよう!
>1分カンタン入力で無料お見積り

1分カンタン入力で無料お見積り

技能実習生.jpでは全国の監理団体から一括でご紹介できるので、比較検討がカンタンにでき御社にピッタリな組合を見つけることができます。

CTR IMG
テキストのコピーはできません。