リネンサプライ業で人が集まらない!?技能能実習生の受け入れを始めよう!

リネンサプライ業は、人材不足の状態が年々悪化してきています。日本人の労働力だけでは現場が需要に耐えられない、そんな企業が増えてきているのです。

そんな企業存続の危機とも言える深刻な人手不足の中、リネンサプライ業を営む企業の方にご紹介したいのが「技能実習生制度」です。

今回の記事では、これからのリネンサプライ業の中小企業を救うキーともなり得る「技能実習生を受け入れる方法」及び「技能実習生受入れに必須の監理団体選びのポイント」についてご紹介していきます。

リネンサプライ業を営む中小企業で、技能実習生の受入れに興味があるはぜひご一読下さい。

リネンサプライ業で技能実習生を受入れるには?

リネンサプライ,技能実習生

「技能実習生を受け入れる」というと非常に難しいプロセスがあるように感じますが、実はそう難しくありません。

まずは技能実習生業務を行う協同組合(監理団体)に加入すること、これだけで7割近くの準備が終了します。

技能実習生を受入れるための流れは簡単に見ていきましょう。
「①監理団体へ加入→②監理団体へ人材をオーダー→③人が見つかったら現地へ面接及び採用決定→④技能実習計画を作成及び申請→⑤受け入れ準備(住居環境の用意など)→⑥実習開始」

「実習計画」や「受け入れ準備」などノウハウが必要なところはきっちりと監理団体がサポートしてくれます。

ただ、このサポートの度合いは監理団体によります。
なのでキチンとヒアリングをして見極めることが技能実習生受入れを成功に導くポイントです。

リネンサプライ業ではどんなことを技能実習生に任せられる?

リネンサプライ,技能実習生

技能実習生をリネンサプライ職種で受入れるためには、リネンサプライ仕上げ作業を含む仕事であることが求められます。

リネンサプライ仕上げ作業の定義は以下の通りです。
『リネンサプライ仕上げ作業とは、清潔に洗濯されたリネンを品種別にプレス又は乾燥の処理を施した後に畳み、検品、結束するまでの一連の作業』

技能実習計画に織り込むべきリネンサプライ業の必須業務は?

技能実習生を受入れるためには、技能実習計画を作成しなければなりません。
これは技能実習生制度が自国の国民に先進国である日本の持つ技能を転移することを目的にしているからです。
なので、ただの労働力として使うことはできず、必ず受け入れ前に作成した技能実習計画にそって進めなければなりません。

そんな技能実習計画に必ず盛り込まなければならないのが必須業務というものです。
リネンサプライ業における必須作業は、「仕上げ作業」と呼ばれるものになります。

仕上げ作業とは、まず機械投入作業で実習背施設に備えられているリネン品種(ライン)毎のスプレッダーフィーダー(投入機)及びフォルダー(畳み機)等の仕上げ機械への正確な投入作業です。
次に仕上げ作業に伴う機械操作作業(機械投入作業に使用する機械)に加え、機械メンテナンス作業(機械投入作業に使用する機械) 異常を発見し、ライン長に報告する作業のこととなります。

技能実習生1号から技能実習生2号へ移行すると?

近年、リネンサプライ業でも第2号技能実習生への移行が認められました。
つまり、リネンサプライ業でも3年の技能実習生受け入れが可能になったということです。

一年目の技能実習(在留資格:技能実習生1号)が終わると上記作業が問題なくできると検定が行われます。その検定に合格すると第二号技能実習生という在留資格に移行することができます。

第二号技能実習生における技能実習計画は、上記1号で行っていた作業に加え、検品作業や結束包装作業、仕上げ作業ラインの管理・指導作業など管理業務も含まれるようになります。

これらの作業を技能実習生計画に盛り込みつつ、技能を修得させていくことが技能実習生を受入れるためには必要なのです。

ただ、初めての受け入れで技能実習計画を不備なく立てていくのは困難です。
なので、まずは共に計画の立案をサポートしてくれるような頼りがいのある誠意ある監理団体を選びましょう。

技能実習計画は政府に申請する必要があり、申請が通らないと技能実習生の受け入れが遅れたり、できなくなります。技能実習生制度に造詣が深くない場合は特に最初はフルサポートをしてくれるような親切な監理団体を選びましょう。

コロナの影響で日本で働く場所がなくなった実習生がいます
働きたいけど働く場所がない実習生は企業を探しています!!↓↓↓
すぐに仕事をしたい実習生が 待っています,コロナ,解雇

ぜひご登録ください!!

不安や疑問は監理団体に直接聞くのが最短の解決法

リネンサプライ,技能実習生

初めての技能実習生受け入れは常に不安が付きまといます。

例えば「小企業だけど受け入れができるか」とか「今いる社員たちとうまくやってくれるか」などは非常に気になる問題でしょう。
ちなみに「小企業での受入れ」については、答えを言えば、1人以上の常駐社員がいれば可能です。
また、現在技能実習生制度を始めている7割の企業が小企業なので、今いる社員たちとも上手くやってくれているという事例が多くあります。
そもそも日本の常識や日本語を現地と日本で叩き込まれるので、日本の常識や言葉を全く知らないような純外国人と付き合うイメージからはかけ離れていると考えていいでしょう。

このようにちょっとした疑問は監理団体がすぐに回答してくれます。
まずは気になる方は始める始めないに関わらずまず連絡を取り、不安を解消しておくことが技能実習生制度を始めるまでの最短の道となります。

リネンサプライ業での技能実習生受入れするなら監理団体選びが重要

リネンサプライ業においては、監理団体選びを慎重に行うことが必要不可欠です。
不安の解消ということはもちろんですが、担当者の相性やサービスの質も監理団体ごとに個性があります。

ただ、選ぶにしても自社を対応エリアにしている監理団体を探すだけでも骨が折れます。
そこで「技能実習生受入れに興味はあるけれどどこに電話して良いかも分からない」という企業様はまずは弊社のサービスをご利用ください。

エリア・国籍など御社が求める最低限のニーズを満たした監理団体があれば、最短で翌営業日には紹介ができます。

ぜひ、お気軽にご連絡くださいませ。

↓↓↓以下のフォームからカンタン1分登録で、あなたに代わって監理団体をお探しいたします。↓↓

監理団体(組合)たくさん、ありすぎて困る!どこも一緒では?
いいえ!優秀な技能実習生の獲得には監理団体選びも重要です!
専任のプロにお任せください!

無料
最適な監理団体を紹介

ハイフン(-)をつけてください。(例:03-0000-0000)

 

リネンサプライ,技能実習生
最新情報をチェックしよう!
>1分カンタン入力で無料お見積り

1分カンタン入力で無料お見積り

技能実習生.jpでは全国の監理団体から一括でご紹介できるので、比較検討がカンタンにでき御社にピッタリな組合を見つけることができます。

CTR IMG
テキストのコピーはできません。