岩手県で初めての技能実習!手順や組合(監理団体)選びもアドバイス

「技能実習制度を活用してみたいけど難しくてよく分からない」

そんな会社様も多いのではないでしょうか?

岩手県は、技能実習生の受け入れが着実に進んでいる都道府県の一つです。
今回の記事では、岩手県における技能実習生の受け入れの状況や技能実習生がどのように活躍しているのか、受け入れるまでの簡単な手順についてご紹介していきます。

岩手県技能実習生を受け入れを検討している企業担当者の方は、ぜひご一読下さい。

岩手県で技能実習生はどのくらい受け入れられている?

岩手県,技能実習生

現在、岩手県における技能実習生受け入れ人数は2393人です。(※2017年時)
外国人技能実習生の受け入れに消極的な県ではないことが分かります。

ちなみに、最も技能実習生の受け入れが盛んなのはトヨタがある愛知県では25,753人と岩手県の10倍以上です。

全国平均的には2000人程度の受け入れが多くなっているので、全国で見れば岩手県は平均的か少し多い程度と言えます。

日本全国では242,687人の技能実習生が滞在しているので、岩手県は全国にいる技能実習生の内、1%を雇用していることになります。

岩手県で技能実習生はどのような活躍をしている?どの分野で期待されている?

岩手県ではどのように技能実習生たちが活躍しているのでしょうか?
例えば、一戸町奥中山地区では、計476人の外国人技能実習生の受け入れをします。 一戸町奥中山地区は、レタスの生産が盛んで令和元年である今年では約230ヘクタールの作付を計画しています。

この作付に外国人技能実習生の活躍が期待されているのです。また、レタスの収穫と共に外国人技能実習生が店舗にて販売体験をするなど技能実習生たちへ経験をさせる試みが多くされています。

また、少子高齢化の影響で岩手県では介護業の技能実習生受け入れも進んでいます。
介護業は2019年4月から開始になった特定技能制度の対象職種です。特定技能制度は5年間の在留資格を得ることができます。技能実習生制度は加入する監理団体や受入状況による認定もありますが、最大5年間の技能実習が可能です。技能実習生2号及び3号の修了者であれば特定技能への移行が無試験で認められています。

つまり技能実習生を一度雇用することによって、最大8年から10年の雇用が可能になったのです。

人手不足が加速する介護業界において、技能実習生の活躍はさらに期待されています。

また、特定技能には1号と2号という区分があり、特定技能2号にすることができれば在留制限がなくなり、雇用を理論永久にすることができます。永住権の獲得もできるので、外国人にとっても企業にとってもメリットがあります。ただし、特定技能は現在建設業と造船船用工業にしか認められていないのでご注意ください。

岩手県で技能実習生を受け入れる手順

岩手県,技能実習生

岩手県で技能実習生を入れようと考えていても、「受け入れまでの大まかな流れがわからない」という方は多いですのではないでしょうか。

そこでまずは、技能実習生受け入れまでの簡単な流れを簡単に見ていきましょう。

  1. 様々な比較情報をもとに加入するべき監理団体を選定する
  2. 担当者と話し合い監理団体に加入する
  3. 監理団体で欲しい人材のオーダーを作る
  4. 監理団体が現地の送り出し機関に募集をかけるように手配をする
  5. 送り出し機関がオーダーに従い現地で募集をかけ人材を見つける
  6. 人材が見つかったら送り出し機関が監理団体に報告
  7. 監理団体から「人材が見つかった」と連絡が入る
  8. 現地へ監理団体の職員と共に向かい通訳付きで面談を行う
  9. 受け入れる技能実習生を選定する
  10. 日本に帰り技能実習計画書を作成する
  11. 送り出し機関が技能実習生に対し日本語教育・マナー研修などを行う(4~6か月)
  12. 技能実習生が入国する
  13. 監理団体が技能実習生に対し日本語、マナー研修などを行う(1か月)
  14. 技能実習開始

この流れから見るとわかるように、監理団体の仕事は重いです。
実際に人を集める送り出し機関の選定は監理団体に一任されているため、提携している送り出し機関のレベルにより、良い外国人技能実習生が採用できなくなってしまうリスクもあります。

つまり、監理団体選びを間違えると、技能実習生制度が失敗してしまうこともあり得えるということです。

岩手県で技能実習生受け入れるならまず専門家に相談!

技能実習生制度は非常に複雑です。

コンプライアンス(法令順守)の問題ももちろんですが、前述したような流れをキチンと監理団体ができるかどうかなど厳しくチェックしていく必要があります。また、実際に雇用する際にすぐに問題となる日本語に関する研修やマナー教育など監理団体によって大きな差があります。

つまり、岩手県で技能実習制度を成功に導くためには「経験豊富で自分の会社にあったサービスをしてくれる優良な監理団体選びが全て」と言っても過言ではありません。

そこで、監理団体の選定は我々専門家にお任せください。
提携している送り出し機関のことも含めて、あなたの会社にあった優良な監理団体を選定し、ご紹介いたします。

これから岩手県で監理団体選びをしようと考えているならば、まずはお気軽にご相談下さいませ。

↓↓↓以下のフォームからカンタン1分登録で、あなたに代わって監理団体をお探しいたします。↓↓

監理団体(組合)たくさん、ありすぎて困る!どこも一緒では?
いいえ!優秀な技能実習生の獲得には監理団体選びも重要です!
専任のプロにお任せください!

無料
最適な監理団体を紹介

ハイフン(-)をつけてください。(例:03-0000-0000)

 

岩手,技能実習生
最新情報をチェックしよう!
>1分カンタン入力で無料お見積り

1分カンタン入力で無料お見積り

技能実習生.jpでは全国の監理団体から一括でご紹介できるので、比較検討がカンタンにでき御社にピッタリな組合を見つけることができます。

CTR IMG
テキストのコピーはできません。