静岡で監理団体から技能実習生を受け入れる時に注意対策することは?

静岡県は、ヤマハ発動機やNTNなど大企業を有することで知られています。そのため、仕事が他の県と比べて多く、特に現場や技術職の人手不足は深刻視されています。

技能実習生は、そんな状況に対して、お互いにメリットのある制度です。しかし、技能実習生を受け入れる前に、いくつかの注意事項を知っておいて損はありません。

では、早速、技能実習生を受入れるにあたり、注意したいことを見ていきましょう。

静岡の技能実習生で受け入れる時に注意するべきこととは?

静岡,監理団体,技能実習生

静岡技能実習者の受け入れを検討している企業様は起こりうる問題に注意対策しておきましょう。
では、具体的にどのような注意が必要なのでしょうか?

即決せず静岡で信頼できる監理団体を選定する

静岡県内だけでも、技能実習者の受け入れ企業に対する監理団体(協同組合)はいくつも存在します。

監理団体は、受け入れ企業に対し、技能実習生が正しく実習環境に置かれているかを監理する責任があります。

また、入国後、とても重要になる日本語講習や一般常識講習は監理団体主催によって行われます。
いい加減な監理団体を選んでしまうことで予期せぬトラブルに発展する可能性があるのです。

信頼できると判断するのは、時間がかかるものですが、まずは監理団体の対応や実績を調査してみて、任せるに足る組織かどうか判断しておくことが必要になります。

監理団体が技能実習生に日本語講習などをどのように行うかなどをチェック

監理団体は、技能実習生に対し入国後一か月間日本語研修や一般常識などを行う義務があります。ですが、監理団体によってこの研修の仕方は様々です。

当記事内でおすすめするのは、監理団体主催で研修を行う監理団体です。(もちろん中身が伴うことは必須条件ではあります)
というのも、監理団体と技能実習生は、ある程度の信頼関係があったほうが良いのです。彼らは単身日本にくるわけですので、心のよりどころがありません。

しかし、一か月面倒を見てくれた監理団体職員には、ある程度気を許す可能性が高くなります。
少なくても何も関係ない他人よりは親しみやすいでしょう。

その技能実習生のトラブルが起きた時に、そういった職員がいるといないとでは、対応結果に差がでることも珍しくありません。

外部委託することが悪いというわけではありませんが、監理団体と技能実習生との仲が良くなるのはトラブル防止にも役立ちます。

そのあたりも含め、監理団体が技能実習生に対し、何をするのかをヒアリングしておきましょう。

技能実習生が問題を起こしたときの対応についてチェック

日本人と外国人。
日本人同士でもトラブルが絶えない昨今、価値観が異なる外国人となれば問題を起こす確率が高いのはある意味仕方がないことです。

ですが、ほとんどの問題は事前に対策することで予防ができたり、すぐに対策が打てるものです。

少し勘違いしがちですが、技能実習生がトラブルを起こしたら、監理団体に丸投げできるわけではないので注意しましょう。
無論、全くの放置というわけではありませんが、全面解決ではなく、問題に対して協力してくれる程度です。

ですが、監理団体がどの程度のトラブル解決に尽力してくれるのか、実績があるのかはあらかじめ確認しておきましょう。

監理団体が技能実習生に対して健康診断などをするかチェック

技能実習生関連のトラブルとしてよく挙げられるのが、「入国して配属されたものの、病気持ちで働けなかった」というものです。
また、労働環境に適性がなく、働くことができないといった事例もあります。

これを防ぐには、監理団体側(または送り出し機関)にて技能実習生へ健康診断をするのかどうかを確認することや自社の労働環境をしっかり伝えているか確認しましょう。

技能実習生の費用がどの程度かかるか監理団体へチェック

改めて言われることではないかと思いますが、技能実習生に関わる費用の見積もりは必ずとってもらいましょう。

近年、技能実習生に対し悪質な条件で労働をさせるといった事態が報告されています。
これは監理団体や送出機関の利益搾取が関わってる場合もあります。

費用が適切かなどは、複数の監理団体と比較するしかありません。

新制度に代わり、そういった行為もできにくくはなっていますが、場合によっては監理団体が起訴される可能性もあります。
すると、強制的に技能実習生たちが引き上げられる可能性もあります。

必ず法律上適正な費用を確認してから、監理団体へオーダーをしましょう。

監理団体が得ている技能実習生のノウハウなどをチェック

監理団体は技能実習生たちを管理しているわけではありません。
ただ、監理団体が間に入る以上、入国までのコミュニケーション及び手続の多くは監理団体が行うことになります。

面接で気になった技能実習生たちのノウハウなどを監理団体が確かめてくれるか、確認をとってくれるかなど、監理団体が持つ調査能力もしっかりと確認しておきましょう。

静岡で技能実習生受入れの失敗事例と成功事例

静岡,監理団体,技能実習生

失敗事例として代表的なものに「監理団体の不適切な申請で入国ができなかった」といったものが多数あげられています。
また、人間関係同士のトラブルはどこの国も同じですが、適切な労働環境を提供できない企業とは、トラブルは多くなる傾向にあります。

十分な労働対価を用意できない経営状態の場合は、お互いのためにも、受け入れを見送ったほうが良い場合もあります。

ただ、一方成功例が多いのも事実です。
一例として、静岡浜松市の企業では、ベトナム人を一名雇用したところ導入して良かったとの声がありました。

まず、言葉日本語の問題だが彼の場合は日本語はまだまだの状態であり彼自身も覚える努力は認められるが勤務中の会話が少ないように思う。
現状、実務には全く問題点は無いが、今回の導入人数が1名のみであるための影響が有るのかもしれない。
勤務では前向きに実習を行っているのがはっきりとわかる。年齢が若いので実務は心配していたが、丁寧な仕事をしている。
やや、過剰品質な作業が有るが、今後の実務の中で経験として習得していく事として判断する。
会社として、1名導入のみであったため、年齢的にも彼の精神面が心配をすることであるが、これについては本人にて解決が必要で有る部分が多く、現状では静観している。
引用:shizuoka-jigyo.com

この例のように、キチンとした労働環境を整えて周りがサポートしてあげることが技能実習生受け入れのポイントとなるでしょう。

静岡で監理団体から技能実習生を円満に受入れるには事前対策が重要

技能実習生関連でトラブルが起きるのは、お金の問題のほかには監理団体による不手際という報告が多いです。

キチンとした監理団体を選ぶことは、良い技能実習生を受入れるためには必須となります。

静岡で監理団体を選ぶ際には、あらゆる問題に対しても対応できる、経験豊富な監理団体職員が在籍している又は組織力があるかを確認することが必要です。

↓↓↓以下のフォームからカンタン1分登録で、あなたに代わって監理団体をお探しいたします。↓↓

監理団体(組合)たくさん、ありすぎて困る!どこも一緒では?
いいえ!優秀な技能実習生の獲得には監理団体選びも重要です!
専任のプロにお任せください!

無料
最適な監理団体を紹介

ハイフン(-)をつけてください。(例:03-0000-0000)

 

静岡,監理団体,技能実習生
最新情報をチェックしよう!
>1分カンタン入力で無料お見積り

1分カンタン入力で無料お見積り

技能実習生.jpでは全国の監理団体から一括でご紹介できるので、比較検討がカンタンにでき御社にピッタリな組合を見つけることができます。

CTR IMG
テキストのコピーはできません。