神奈川の技能実習生の受け入れ失敗例から学ぶ成功への法則

神奈川県の人手不足。この背景には、少子化や雇用条件など様々な理由があります。

企業は様々な手段で、対策を打っていますが、成果は十分には上がっていません。

そこで、今注目されてるのが、外国人を技能実習生として受け入れる技能実習生制度です。

神奈川県内の人手不足倒産の件数が年々上昇中

神奈川,技能実習生

現在、事業としては利益が出ていても 人手不足により倒産を余儀なくされる会社が増えてきています。

帝国データバンクの調査によると、神奈川県内では、54.9%の企業で正社員が不足していると感じていることが明らかになりました。
特に建設業・サービス業・運輸倉庫業で多くの正社員が不足していることがわかります。

また、非正社員では企業の30.4%が不足していると感じているようです。

2018年の人手不足倒産の件数も、2017年を超えるペースで発生しています。

神奈川県内の技能実習生の受入が光明となるか?

人手不足企業がなぜ生まれるのか、それは「求人を出しても人が来ない」ことが一番の問題でしょう。

現在、働ける年齢の人数自体が減少していることもありますが、それ以上に労働者がインターネットの発達などにより雇用条件に敏感になったということもあるでしょう。

ただ、小規模ビジネスでは大企業のような十分な福利厚生を確保できません。
無い袖は振れず、人手不足に拍車がかかる悪循環に陥ってるのです。

そこで今、神奈川でも注目されているのが技能実習生制度なのです。

安い労働力というわけではありませんが、人材のオーダーをかければ何人かは候補が出てきます。

日本人よりも教育の手間はかかりますが、人手不足倒産を避けたい経営者からは大きく支持されています。

また、今までは最長でも5年で帰国するはずだった技能実習生制度。
ですが、在留資格特定技能の登場により、永住権利の獲得も目指せるようになりました。

技能実習生制度は研修生として活躍してすぐに帰国するものから、会社の正社員になってくれる可能性も出てきたのです。

技能実習生(研修生)受け入れで失敗する企業と成功する企業の特徴

神奈川,技能実習生

技能実習生の受け入れでも、失敗する企業と成功する企業とがあります。
この両者の差とは何なのでしょうか?

技能実習生受け入れで失敗する企業の特徴

技能実習生の受け入れで失敗する企業の特徴としては、監理団体任せにしすぎていることです。外国人技能実習生はとても複雑ですが、監理団体任せにしすぎてしまうと、監理団体も実習先企業の要望がわからず、仕事に甘えが出てしまい上手くいかないケースです。

キチンと自社でも外国人技能実習生制度を理解していないことで起こることは下記のようなものがあります。

  • 技能実習生が受検(実習の延長のための試験)に受からず一年で帰ってしまった
  • 技能実習生が失踪してしまった
  • 技能実習生が仕事や日本語を覚えてくれない
  • 技能実習生が事件に巻き込まれた

細かく言えば、他にもありますが技能実習生制度は、監理団体も実習先企業も制度に精通している必要があります。
また、外国人である技能実習生のフォローや実習補助は必要不可欠です。

「普通に働いてくれればいい」というわけではなく、企業と監理団体一丸となって技能実習生たちを支えていく必要があるのです。

コロナの影響で日本で働く場所がなくなった実習生がいます
働きたいけど働く場所がない実習生は企業を探しています!!↓↓↓
すぐに仕事をしたい実習生が 待っています,コロナ,解雇

ぜひご登録ください!!

技能実習生受け入れで成功する企業の特徴

技能実習生の受け入れで成功する企業の特徴は、基本的には失敗する特徴の逆を行っていることになります。

つまり、監理団体と共に技能実習生制度の理解に努め、技能実習生たちが起こしうる問題に対して予防対策及びサポートをきっちり行っているということになります。

ただ、それには自社だけでなく、優秀な監理団体からのサポートも不可欠です。

失敗してしまう企業が担当する監理団体の特徴には「サービスが充実していない」点もあることが否めません。

技能実習生制度が良くわからないという企業ほど、共に技能実習生を活用するための手段を考えてくれるパートナーとなる監理団体を選ぶ必要があります。
特に誠実な対応をする監理団体を選ぶべきでしょう。
また、充実した法定研修やその後のフォローまでやってくれる監理団体がおすすめです。

ただ、調査するのには時間も手間も知識も必要となりますので、監理団体に詳しいプロに選出を任せるのも一つの手でしょう。

神奈川県で技能実習生受入れを成功させるには監理団体のサポートが肝

神奈川,技能実習生

失敗例からご紹介したように神奈川県で初めて技能実習生を受け入れる場合、監理団体からのサポートが肝となります。

自社で有能な監理団体を調査したい方のために3つポイントをご紹介します。

神奈川県の監理団体の中でも「優良」がつく団体を選ぶ

神奈川県の数ある監理団体の中でも、「優良監理団体」と呼ばれるものがあります。
これは、口コミなどで優良という評価がされたわけではなく、政府が監理団体の実績に基づいて認定したものになります。

調査していくうえで優良監理団体であるかどうかは決める一つの目安となるでしょう。

監理団体のサービス内容を細かく確認

監理団体は、監理団体ごとに提供するサービス内容が違います。
中には必要としないサービスまで提供してくれる監理団体もあります。

例えば「24時間相談受付サービス」ですね。ただ、このサービスは24時間フル稼働している業種ならばありがたいですが、日中にのみ稼働する業種であればいりませんよね。

このように自分の会社にあったサービス内容尾提供する監理団体を選別するためにもサービス内容を細かく把握しておきましょう。

技能実習生が起こすトラブルへの事前対策が重要

技能実習生を受け入れるうえで一番対策したいのは、起こすであろうトラブルの事前対策です。
失踪や事件に巻き込まれる、病気などもそうですね。

こうしたトラブルは事前対策が可能です。
例えば専用の保険を組んでおく、一般常識を教えるなど様々な方策をとることができます。
こうした対策に優れたノウハウを持っている監理団体を選ぶべきでしょう。

問題解決能力の高い監理団体を選ぶことが成功のカギ

監理団体の仕事はスムーズに良い技能実習生を紹介してくれることではあります。
ですが、稼働後のことも考え、問題解決能力の高い監理団体を選ぶことが必要です。

ただし、監理団体の対応エリアは所在地とはあまり関係ないことが多く、必ずしも近隣や神奈川県内から選ばなくてはならないわけではありません。

我々は全国の監理団体の中から、神奈川県をエリアとしていて、且つ、「職種」や「希望う送出し国」にあった監理団体を無料で紹介いたします!

下のフォーマットから1分のカンタン入力でお手軽に使えますので

是非この機会にご活用ください!

↓↓↓登録はこちら↓↓↓

↓↓↓以下のフォームからカンタン1分登録で、あなたに代わって監理団体をお探しいたします。↓↓

監理団体(組合)たくさん、ありすぎて困る!どこも一緒では?
いいえ!優秀な技能実習生の獲得には監理団体選びも重要です!
専任のプロにお任せください!

無料
最適な監理団体を紹介

ハイフン(-)をつけてください。(例:03-0000-0000)

 

神奈川,技能実習生
最新情報をチェックしよう!
>1分カンタン入力で無料お見積り

1分カンタン入力で無料お見積り

技能実習生.jpでは全国の監理団体から一括でご紹介できるので、比較検討がカンタンにでき御社にピッタリな組合を見つけることができます。

CTR IMG
テキストのコピーはできません。