大阪の労働力の現状!建設・建築・土木に技能実習生受け入れるには?

現在、どこの業界も人手不足が深刻化の一途を辿っています。
その中でも、2府の一つである大阪府では有効求人倍率が1.7倍と人手不足が解消される目途はたっていません。

そんな大阪を取り巻く、労働力の現状と人手不足解消の手段として注目されている、「技能実習生(研修生)を受け入れるにはどうすれば良いか」この記事ではご紹介させていただきます。

大阪万博需要が高まり深刻化する人手不足

大阪,建築,土木,建設,技能実習生,堺市,泉大津市

2025年に大阪万博が大阪府大阪市此花区にある人工島夢洲(ゆめしま)で開催されます。
まず、なぜ大阪万博で人手不足になってしまうのでしょうか?

人手不足の中、大阪万博でさらに人材確保が難しい状況に

「万国博覧会」略して万博は、1851年のロンドンから開催され、1970年にも大阪万博が開かれました。近年だと2005年の愛知万博が記憶に新しいでしょうか。

愛知万博の時の来場者数が2000万人で、大阪万博のときが6400万人を記録しています。
また、2010年に中国上海で7300万人の観客動員数があったことなどを考えると、アクセスが良く人口も多い大阪万博では少なくても、愛知万博を超える入場者数が予想されます。

すると、阪万博の会場の工事だけでなく、その周辺の施設やホテルなども整備する必要があり、それに合わせて工事を行う必要が出てくるのです。

建設・建築・土木業の人手不足は特に深刻で業界も躍起になっている状況

現在、大阪の企業であっても東京五輪の影響で建設・建築・土木業は「引っ張りだこ」の状態が続いています。

その上、大阪万博の工事もこなしていかなければならない今の現状は、工事業界にとって嬉しい悲鳴ではあります。

ですが、人手不足が深刻すぎて積極的に好条件での採用を行っているにも関わらず、人が足りていない状態なのです。

大阪府堺市・泉大津市で技能実習生(研修生)受け入れが増大か

現在、大阪府の堺市と泉大津市で技能実習生(研修生)の受け入れが増大してきています。
これは、大阪万博の影響がかなり強いと考えられます。

この人手不足の中、外国人技能実習生が、技能実習生は人手不足解消の一手として建設・建築・土木業界に注目されているのです。

大阪の人手不足解消の一つとして技能実習生(研修生)が注目されている

大阪の過熱する人手不足解消の一手である外国人技能実習生(研修生)とはどういった存在なのでしょうか?

一言で言えば、「技能を学びにやってくる外国人」です。

企業は、「監理団体」と呼ばれる組織や組合と契約を結び、実習先として迎え入れることとなります。イメージとしてはインターンのようなものですね。
監理団体と契約を結び、希望の外国人の詳細をオーダーし、それを満たす人物を送出機関という外国組織が選抜します。
その選抜した相手と企業が実際に面談し、受け入れる人を決定していくという仕組みです。

入国手続きや現地でのサポートなどは監理団体が行うため、監理団体選びはかなり重要になります。

建設・建築・土木業に向く技能実習生(研修生)をどう選ぶか?

大阪,建築,土木,建設,技能実習生,堺市,泉大津市

建設・建築・土木業に向く技能実習生(研修生)の共通した特徴は「意欲があるかどうか」です。

労働としてはキツイ業務になるため、意欲がなければまず続きません。
日本語や技能を重視してしまう気持ちも分かりますが、技能実習生(研修生)の多くは若いため、やる気さえあれば戦力としても数えられます。

正直に言えば、大阪という都会に関わらず、建設建築土木業は技能実習生に人気がありません。
面接で意欲を確かめることが最重要課題と言えるでしょう。

建設・建築・土木業にノウハウのある監理団体を選ぶ

先述しましたが、建設・建築・土木業界は技能実習生に人気がないため、人手を探すのも日本と同じく厳しいものになります。

それでも業界に慣れている監理団体に頼れば、絶対数が多いので候補者は多く見つかります。
ですので、建設・建築・土木業にノウハウのある監理団体を選ぶようにしましょう。

監理団体により、特定の国や業種に強い団体が存在します。こういった面でも監理団体選びが重要となります。

監理団体のサポート体制など技能実習生(研修生)に行う内容を把握する

監理団体は、技能実習開始前に研修を行ったり、技能実習生に対しサポートを行います。
しっかりと技能実習を完遂してもらうためにも、監理団体がどのようなサポートをしているのか確認しておくことは必要になります。

労基違反にならないようしっかりと監理してもらえるか確認

建設・建築・土木業界はよく労基違反を指摘されます。
日本人相手でも問題ですが、規制が厳しくなった技能実習生に対し、労基違反をしていると強制帰国という措置をとられてしまう可能性もあります。

そんな意識がないとしても、知らない間に違反していることもありえますので、労基についても監理してもらえる監理団体を選ぶべきでしょう。

技能実習生(研修生)への面接はじっくり行う

技能実習生を、目で見て選抜できるタイミングは一度しかありません。
現地に行き、翻訳者を通して面接を行うわけですが、一度の面接でしかも翻訳者を通してとなれば、その人と成りを知るのは困難を極めるでしょう。

ですが、通常現地での面接は2~3日にかけて行われます。一回で終わらせるのではなく、候補をどんどん絞っていき、じっくりと人を選ぶことがおすすめです。

会社によっては1~3次面接後、懇親会を開くという企業もあります。

ただ、そういった考えをサポートしてくれる監理団体を選ばないことには成り立ちません。
人材選びまでしっかりサポートしてくれるような団代を選ぶようにしましょう。

やる気のある技能実習生(研修生)を選ぶことが明暗を分ける

大阪建設建築土木業界の人材不足解消に、外国人技能実習生(研修生)制度が今、大きな注目を浴びています。

ただ、日本人の採用でも同様ですが、「どんな人を選ぶか」で明暗が分かれます。

技能実習生(研修生)を選ぶのは、時間も費用も労力もかかることですので、その機会を十分にサポートしてくれる監理団体を選ぶようにすることが必要になります。

↓↓↓以下のフォームからカンタン1分登録で、あなたに代わって監理団体をお探しいたします。↓↓

監理団体(組合)たくさん、ありすぎて困る!どこも一緒では?
いいえ!優秀な技能実習生の獲得には監理団体選びも重要です!
専任のプロにお任せください!

無料
最適な監理団体を紹介

ハイフン(-)をつけてください。(例:03-0000-0000)

 

大阪,建築,土木,建設,技能実習生,堺市,泉大津市
最新情報をチェックしよう!
>1分カンタン入力で無料お見積り

1分カンタン入力で無料お見積り

技能実習生.jpでは全国の監理団体から一括でご紹介できるので、比較検討がカンタンにでき御社にピッタリな組合を見つけることができます。

CTR IMG
テキストのコピーはできません。