千葉の酪農事業の約15%が受入れ?技能実習生制度を活用するコツ

千葉県は、日本の関東地方で東京大都市圏の一角を担っています。
それ故に、仕事量も他県と比べても豊富です。有効求人倍率は1.37倍と、数値を見れば他県よりも人手は足りている状況です。

ですが、あくまでこれは全体の話です。特に酪農業を中心とした第一産業では人手不足が深刻視されています。

そんな中、千葉県の畜産業が、技能実習制度を活用していることが話題になっています。今回は、技能実習制度とうまく取り入れるために最低限すべきことを事例を交えてご紹介致します。

技能実習生制度とは?

千葉,技能実習生

技能実習生制度とは、外国人に対して、日本企業で実習に行ってもらい専門技術を身につけてもらうという制度です。日本人から見れば「実習付きの留学」に近いイメージでしょうか。

実際の仕組みとしては下記のような流れになります。

①監理団体と呼ばれる日本の組合が現地の送出機関(派遣登録所のようなところ)に人材のオーダーを出します。
②送出機関が募集者を募り募集者の中からオーダーにあった候補者を選抜後、実習先と面談&採用
③監理団体の監理の元、実習先に配属

細かくは、技能実習計画の作成や監理団体による研修がありますが、大枠としてはこれが技能実習生制度になります。

技能実習生へは、専門技術の習得のための実習及びそれにかかる単純労働を指示することができます
単純労働だけでは、実習生を受け入れることはできませんのでご注意ください。

千葉県で酪農事業の約15%で技能実習生が受け入れられている

千葉,技能実習生

千葉県では、酪農事業の約15%が技能実習生を受け入れているというデータが千葉県の地方自治体より報告されています。

酪農技術は、発展途上国において関心が高い事業です。

ですが、現場では、技能実習生を受け入れたことにより、問題も発生しています。
では、具体的に失敗事例を例に出してご紹介します。

技能実習生を受け入れる千葉県内1酪農家では、乳房炎の多発が起きています。この原因として以下の要因が考えられます。

  • 畜主(実習先)の「実習生に正しい畜産技術を教える」という認識の不足
  • 双方の搾乳手順が適当ではない
  • 双方の畜産技術の確認不足
  • 言葉の壁

このことから、畜主の認識や技術が未熟故に起こった可能性と実習生の理解が追い付いていない可能性とが考えられます。

実習生が正しい畜産技術を習得するのは言葉の壁が大きい

乳房炎の改善には、言葉を必要とせず技能実習生へ理解してもらうための工夫が必要となります。
対策として、一目でわかる手順をイラスト化及び母国語で読めるテキストを用意することで、乳房炎発生率の改善が見られました。

このように労働力として期待されている技能実習生ですが、言葉の壁は大きいため、安易な導入は、余計な手間を生む可能性もあります。

監理団体や実習先企業が本気で習得させるための計画を立てる必要がある

想像以上に技能実習生を上手く利用することは、簡単ではありません。
では、技能実習生たちを効果的に経営に活かしている企業との違いは何なのでしょうか。

その答えの一つとして、業界や技能実習生のサポートに精通した監理団体と契約しているかどうかが挙げられます。

技能実習生たちが関係する問技能実習生たちが関係する問題は、監理団体ならばどこでも経験しているはずです。
ただ、企業で起きた問題解決をサポートしてくれるかどうかは、その組合の裁量に任されています。

要は「しっかりサポートしてくれる監理団体」を選ばなければ、乳房炎多発のようなトラブルを呼ぶ混むこむ可能性が高くなるのです。

単純に、技能実習計画を農業の事業主が立てることは容易ではありません。
技能実習制度を活用したい場合、日本語習得はもちろん、実習計画も一緒に考えてくれるようなノウハウを持った監理団体を選ぶべきです。

千葉で技能実習生制度を活用するコツは?

千葉,技能実習生

千葉のどの事業であっても、これからの時代技能実習生制度を覚えておいて損はありません。
では、具体的に技能実習生制度を活用するコツをご紹介致します。

千葉で技能実習生受入れのコツ①相談に応じてくれる監理団体を選ぶ

酪農業のように小規模で営んでいるところでは、実習計画一つとっても、ノウハウがないことは珍しくありません。

そこで、自分が参画する事業に見識が高い監理団体を選ぶことが必要になります。

また、自分の業種に強い技能実習生を紹介してくれる監理団体であることも求められます。

千葉で技能実習生受入れのコツ②日本語習得を手伝ってくれる監理団体を選ぶ

中小事業において、一番問題になるのは言葉の壁です。
もちろん、実習先企業の人間もある程度歩み寄ることも必要です。ですが、業務に必要な日本語を修得してもらわなくては、事故につながりかねません。

監理団体では、入国後、約1か月間日本語講習を含む法定研修を受けさせる義務を負います。そこでどのような研修を受けさせるのか、効果の保証はあるのかなどを確認しておきましょう。

また、さらなる日本語習得のために、日本語教育などもサポート(有料)してくれるかも確認してみましょう。

技能実習生制度で起こる問題の大半は、言葉の壁の解決がカギになってきます。

千葉で技能実習生制度を活用するコツ③じっくりと人柄を見極める

人材担当者の方ならば当然ご存知の話ではありますが、人材に求められるのは「意欲」です。

仕事をする気のない人間には、どんな仕事も務まりません。

実習前にしっかりと雇用者本人の人柄を見極めましょう。
また、それに必要な翻訳者の手配などをしっかりと監理団体が行ってくれるかも留意しましょう。

監理団体選びが上手く技能実習生を活用できるかの明暗を分ける

最終的な結論としては「監理団体選びを間違えると失敗の可能性は高くなる」ということです。

技能実習生を紹介してくれる監理団体は千葉県内だけでもかなりの数があります。

ですが、そのどれもが優良監理団体ではありません。

ただ、素人が優良な翰林団体を見極めるのは難しいため、プロが厳選した監理団体から検討してみることをおすすめします。

1から探すよりも手間を削減できますので、ぜひご活用してみてください。

↓↓↓以下のフォームからカンタン1分登録で、あなたに代わって監理団体をお探しいたします。↓↓

監理団体(組合)たくさん、ありすぎて困る!どこも一緒では?
いいえ!優秀な技能実習生の獲得には監理団体選びも重要です!
専任のプロにお任せください!

無料
最適な監理団体を紹介

ハイフン(-)をつけてください。(例:03-0000-0000)

 

千葉,技能実習生
最新情報をチェックしよう!
>1分カンタン入力で無料お見積り

1分カンタン入力で無料お見積り

技能実習生.jpでは全国の監理団体から一括でご紹介できるので、比較検討がカンタンにでき御社にピッタリな組合を見つけることができます。

CTR IMG
テキストのコピーはできません。