中国人の技能実習生と上手に付き合う方法とは?

技能実習生といえば中国人、そんな時代もありましたが、現在では様々な外国人が技能実習生として名乗りを上げています。

優秀な技能実習生として、定評のある中国人ですが、そもそもなぜ中国人技能実習生たちは高い評判を得ていたのでしょうか?

今回は、中国を取り巻く技能実習生たちについてと、中国人技能実習生たちの特徴についてお伝えしていきます。

人口あふれる中国という国の現状

技能実習生,中国

中国の人口は、約14憶人と世界で第一位の人口を誇っています。広いイメージがある中国ですが、国土としては世界で第4位というのですから意外ですよね。
ご存知の通り近年は、目覚ましい発展を遂げ、経済大国の一つとして数えられるようになりました。

さて、そんな経済大国の国民である中国人たちは、なぜいまだに日本へ技能実習へきているのでしょうか?

中国大卒者への求人倍率が下回っている

まず、一つ目の理由は中国の就職事情です。
中国での就職は、大学卒業者でなければ困難ということは知っている方も多いでしょう。
しかし、現在大学卒業者であっても、求人倍率が1倍を大きく下回ってるのが現状です。

つまり、中国の高等教育を受けた大半に職がない状況なのです。

優秀な人材が海外で経験を求めている

就ける職がないというだけで、彼らは大学を卒業している優秀な人材です。

ですので、働ける場所がない故に、海外に働き口を求めることになります。技能実習制度は、最長で5年で帰国するシステムになっているため、時間を無駄にせず、将来自国で就職するためにも、技能を高めにやってきます。

もちろん、単純な理由として、働き口がないので生活のためや中国での求人状況改善を待つための手段としても活用されている、とも考えられます。

中国人技能実習生の特徴は?

技能実習生,中国

そんな強かな中国人技能実習生たちは、どのような人間性を持っているのでしょうか?

中国人技能実習生の特徴①言われたことは素直にやる

中国人技能実習生たちの最大の特徴は「素直」だという点です。特に言われたことは非常に素直に取り組んでくれます。
最近では、言われたこともできない人が増えているそうですが、彼らは文句も言わずにきちっと指示通りにやってくれます。

マニュアルのある業務には強い適性が期待できます。
ただ、逆に言えば、自分の考えがないともとれます。臨機応変を求められる仕事になると、弱いというわけではありませんが、独自判断では業務を行わない傾向にあります。

もちろん、それを含め指導を行えば問題ありませんが、言葉の問題もあるため、根気よく教えていく必要はあるでしょう。

中国人技能実習生の特徴②仲良くなると情が深い

中国人は情が深いという話を聞いたことがあるでしょうか?
中国人社会は、金よりもコネといわれるほど、人との関係を大切にします。

冒頭に触れた中国人の求職倍率が低いという話も関係しており、大きな企業の求人の多くがコネ入社なのです。
日本だとコネ入社というと悪いイメージが付きますが、考えてみれば情が深い相手同士で繋がってる会社は強いですよね。

そのように中国人は、ビジネスはもちろんプライベートであっても、仲良くなればその関係を大切にしてくれます。

温厚な性格で、人付き合いもそうした事情から得意な方が多いため、うまく職場に馴染むことができるでしょう。

中国人技能実習生の特徴③損得で物事を考える

中国のビジネス事情を見ていると、日本人よりも利益にどん欲です。

中国の歴史を振り返ると周辺民族との抗争を繰り返してきました。ちょっと古いですが、三国志などが有名ですね。国内で紛争が続いている中国国民の多くは、そういった背景により、長期目線よりも短期目線になりがちな傾向があります。

なので、報酬には特に気を払う必要があり、あまりに不公平な対応をしていると人材が流出してしまう可能性があります。

もちろん、あまりに理不尽な対応でなければ問題ありませんが、お金の話や損得の話になったときは気を払っておきましょう。

中国人技能実習生は面接で見極める

技能実習生,中国

そんな優秀な中国人技能実習生を見極めるににはどうしたらいいのでしょうか?
基本的には書類上でフィルターをかけ、面談でそれを決定するしかありません。

日本人の採用面接と同じです。しかし、違うのはやはり「言語」でしょう。日本人ならば言葉遣いや抑揚、相手が予期せぬ質問といったテクニックで人柄を見ることもできます。
しかし、中国語に精通していない場合は、面談テクニックが使えません。

するとどうしても、監理団体で用意される翻訳者越しに中国技能実習生候補たちと面談を進めていくしかありません。
つまり、面談で判断するのは当然として、その協力を受ける監理団体が適当な対応をするところでは、それが叶いません。
慎重に決めたい旨を伝えても、監理団体から理解を得られなければ意味がないですよね。

人材選考も含め、監理団体は必ず熟慮の末決定していかなければなりません。

監理団体選びは比較検討が必須

監理団体は非常に多くの団体があります。
一つの県だけでも十数~数十はあります。ただ、どれがどういう団体なのかというのは、インターネットの情報だけでは区別がつきません。

監理団体は、一つだけでなく必ず何か所か、場合によっては十か所以上とも比較検討しても損はありません。

ただ、そこまで時間がとれないという方は、監理団体に詳しい比較検討のプロに代わりに選抜してもらう手もあります。

特に中国技能実習生に強いという特色を持った監理団体もありますので、一からすべて探すよりは圧倒的に時間を節約することができます。

優秀な中国人はライバル企業にすぐにとられてしまいます。
ぜひ、優秀な監理団体を早いうちから見つけておきましょう。

↓↓↓以下のフォームからカンタン1分登録で、あなたに代わって監理団体をお探しいたします。↓↓

監理団体(組合)たくさん、ありすぎて困る!どこも一緒では?
いいえ!優秀な技能実習生の獲得には監理団体選びも重要です!
専任のプロにお任せください!

無料
最適な監理団体を紹介

ハイフン(-)をつけてください。(例:03-0000-0000)

 

技能実習生,中国
最新情報をチェックしよう!
>1分カンタン入力で無料お見積り

1分カンタン入力で無料お見積り

技能実習生.jpでは全国の監理団体から一括でご紹介できるので、比較検討がカンタンにでき御社にピッタリな組合を見つけることができます。

CTR IMG
テキストのコピーはできません。