フィリピンの技能実習生を受入れる前に知るべきフィリピン人の国民性

「フィリピン人を技能実習生として受入れるのに不安がある」
そんなフィリピンの技能実習生をこれから受入れるのに少し懸念がある、ということであれば、まずフィリピン人について知っておいて損はありません。

事前に準備をしておくことで、ある程度の対策や心構えができるようになります。この記事では、対策に役立つ知っておくべきフィリピン人の国民性についてお伝えしていきます。

なぜ国民性をフィリピン人の技能実習生を受入れ前に知っておくと良いのか

フィリピン,技能実習生

日本人とフィリピン技能実習生との間でトラブルになる原因は、ほとんどが対策不足・準備不足が原因です。

人間の人となりは、言葉だけでは理解できるものではありません。
ですが、職場全体で「どういう人が来るか」ということを擦り合わせておくことで、事前に対策が打てるようになります。仮に問題が防げなかったとしてもある程度想定をしておくことで、事後策も打ちやすくなります。

それにより、万が一のトラブルの際もダメージを最小限に留めることが可能となります。

フィリピン人技能実習生を受け入れる前に知っておきたい国民性

フィリピン,技能実習生

早速、フィリピン人の国民性を見ていきます。

フィリピン人技能実習生にはフィリピンタイムの意識がある

フィリピン人は時間におおらかな方が多いです。ただ、時間にルーズというわけではありません。

「8時に打ち合わせがあるからそれまでに来て」こんな約束があったとしたら、フィリピン人技能実習生の認識では「8時~8時59分」までに行けばいいのだな、という認識になります。これをフィリピンタイムと呼びます。

日本ですと8時きっかりに打ち合わせが始まるイメージがありますが、フィリピン人の感覚だと違う風にとらえられます。

なので、そういった曖昧な指示はせず「8時ちょうどに来て」といったようにしっかりと分単位で時間を伝えてあげる必要があります。

曖昧な時間指示をしなくなるだけで、フィリピンタイムの問題の多くは解決するでしょう。

フィリピン人技能実習生は陽気で寛容

フィリピン人の特性として「陽気で寛容」というものがあります。心が広く、明るいということです。
なので、職場でもムードメーカーとして空気を読んでくれ、職場が明るくなったという声もあります。

ですが、反面日本人特有の細かさには理解を示さない可能性もあります。
「そんな細かいこと気にするの?」といった態度をされることもあるかもしれません。
もちろん、千差万別ですので細かいことが好きという方もいると思われます。ですが、彼らの得手不得手を理解してあげる必要はあります。

業務に支障がないようなら、あまり細かすぎることを指示しないのも一つの手です。
業務に必要な場合は、それがなぜ必要なのかをしっかり理解させてあげましょう。

フィリピン人技能実習生は場の雰囲気を大切にする

フィリピン人は、日本人と同じく空気を読むということを習慣化しています。
外国人の多くは、特有の空気を読めないという人が多い中、フィリピン人だけは会社で従業員とうまくいっているという職場もあるそうです。

既存従業員とうまくいくことを第一に考えているならば、フィリピン人技能実習生はとても優秀でしょう。

フィリピン人技能実習生は家族優先

外国人は家族を大事にするというイメージがありますが、フィリピン人も家族や親戚をとても大事にする国民性があります。

技能実習生の場合、家族滞在ビザは発行されません。ただ、技能実習生であっても、「短期滞在」による家族の訪問や本人の一時帰国は所定の手続きで可能になります。また、帰宅後にテレビ電話でコミュニケーションをとっているということもあるでしょう。

すべての事情に配慮することは難しいですが、技能実習生からそうした相談があった際、家庭をないがしろにした労働の実質的な強要は日本人よりもモチベーションダウンに繋がりやすいといえます。

対策としては、事前に休みや労働時間への相談を真摯に聞いてあげることと、事前に相談しやすい環境を整えておくことでしょう。

フィリピン人技能実習生は出稼ぎ大国で働き者が多い

フィリピンは世界から「出稼ぎ大国」と呼ばれています。
日本をはじめ、世界中にフィリピン人が在籍しています。世界中が受け入れている理由は、フィリピン人には働き者が多いという点です。特にフィリピン人女性は男性と比べても働き者です。

キチンとやるべき仕事を与えてあげればそれに答えてくれるので、褒めてあげたりするなど働きを認めてあげることが大切です。

ココで良かった、ココが良いと思ってくれるような職場づくりが重要です。

コロナの影響で日本で働く場所がなくなった実習生がいます
働きたいけど働く場所がない実習生は企業を探しています!!↓↓↓
すぐに仕事をしたい実習生が 待っています,コロナ,解雇

ぜひご登録ください!!

フィリピンの技能実習生は親日感情が高い

フィリピンは、世界でも有数の親日国です。フィリピン人の多くは、日本に行ってみたいと考えているそうです。

他の海外企業と比べて、競合になった際に日本を選んでもらえる確率は高いといえるでしょう。
ただ、その分日本に期待しているところはあるので、うまくモチベーションのコントロールが必要になるでしょう。

日本人に似た気質のフィリピン技能実習生は日本人と相性が良い

フィリピン,技能実習生

日本人同士のグループでも、中心にいるのは「陽気」で「空気を読める人」ではないでしょうか。フィリピン人の気質はどちらも兼ね備えているため、うまく社内の雰囲気を良くしてくれる可能性は高いです

日本人は自分で何かを決めたり、リーダーシップをするのを嫌がるという人が増えています。また、社内のコミュニケーションも年々減ってしまっていると感じている方が多くなっているそうです。

フィリピン人の陽気さや寛容さは、社内の雰囲気向上にも繋がるのではないでしょうか。

人間関係を重視するフィリピンの技能実習生は人気が高い

ここまでフィリピン人の国民性についてご紹介させていただきました。

多少の国の違いによる摩擦は予測されます。
ですが、他の外国人と比べても、フィリピン人技能実習生は職場にうまく溶け込み、働き者として戦力になってくれる可能性が高いでしょう。

実際に、フィリピン人は技能実習生としても、外国人労働者としても高い人気を誇ります。
ですが、親日感情が強いため海外の競合に対して有利に働きます。

ぜひ、早いうちに希望の人材のオーダーを出してみてはいかがでしょうか。

フィリピン人を手配できる監理団体はそんなに多くない⁉

そんなフィリピン人技能実習生を早速採用したいと思ったあなた。フィリピン人を雇うにはフィリピンに対応した監理団体(組合)を探さなくてはなりません。

しかし、フィリピン人は技能実習生全体の9.2%しかおらず、対応している監理団体のそんなに多くありません。

全国に2600ある監理団体から、「フィリピン」に対応していて、且つ、御社の「エリア」、御社の「職種」に対応している条件に合ったところを探すのは骨が折れます。

そこで監理団体探しは「技能実習生.jp」にお任せください。

1分間のカンタン登録で無料で監理団体をご紹介いたします。

↓↓↓登録はこちらから↓↓↓

↓↓↓以下のフォームからカンタン1分登録で、あなたに代わって監理団体をお探しいたします。↓↓

監理団体(組合)たくさん、ありすぎて困る!どこも一緒では?
いいえ!優秀な技能実習生の獲得には監理団体選びも重要です!
専任のプロにお任せください!

無料
最適な監理団体を紹介

ハイフン(-)をつけてください。(例:03-0000-0000)

 

フィリピン,技能実習生
最新情報をチェックしよう!
>1分カンタン入力で無料お見積り

1分カンタン入力で無料お見積り

技能実習生.jpでは全国の監理団体から一括でご紹介できるので、比較検討がカンタンにでき御社にピッタリな組合を見つけることができます。

CTR IMG
テキストのコピーはできません。