タイの技能実習生はどう?タイ人が技能実習生として来る理由と特徴

タイは親日国として有名です。
そんなタイ人の技能実習生の評判を見ていると、かなり高い評価を得ています。
タイ人をこれから技能実習生として受け入れを検討している経営者様は、その前にタイ人の技能実習生についての理解を深めておくことで、彼らを理解するための一助になることは間違いありません。

この記事では、タイ人の技能実習生の実態についてお伝えしていきます。

タイ人はなぜ技能実習生として来日するのか?

タイ,技能実習生

タイは経済的には東南アジアの中で貧しいわけではではありません。では、なぜタイ人は、技能実習生として日本に来て仕事をしなければならないのでしょうか?

タイ人が技能実習生としてくる理由①タイには仕事がない

一般のタイの国民は経済的に決して裕福とは言えません。
では、なぜGDPが比較的高いにも関わらずぜそんなことになってしまうのでしょうか。その詳しい理由は政府による報告書(内閣府経済社会総合研究所)によっても判然としていません。

ただ、その理由の一つに、一般のタイ人は就職ができないことが挙げられます。仕事がないというわけではなく、仕事を辞める人がいないため、空きがない状態なのです。

タイの失業率は1%以下です。日本の失業率が2.8%ほどで、タイの失業率の低さはアジアで一位、世界でも有数です。

ただ、これはあまりいい意味ではなく、「働いていない人が多い」から起こる現状ではないかと考えられています。
仕事をするステージ(環境・資金力など)にない人が、この失業率の計算から外れているのかと推察できるのです。

つまり、タイ人には数字に表れてこない「働きたくても仕事がない」そんな人がかなり大勢いる状況がある可能性があるのです。

タイ人が技能実習生としてくる理由②働き始めるまでのお金がない

日本で「一人の人間が働き始めるまでにどのくらい費用がかかっているか」を考えたことがあるでしょうか。
一番大きくかかるのは教育費ですが、タイにはそのお金はもちろん、用立てる手段すらない家庭が多くあります。

しかし技能実習制度はどうでしょう?

学びながら技能を身に着け、その上お金までもらえる。ある意味夢のような制度です!

技能実習生として来る需要が高い理由は、教育・お金・仕事と三拍子揃っているからです。

タイ人が技能実習生としてくる理由③日本でお金を貯めて帰って一旗揚げたい

技能実習制度は、1年~5年で帰国できるようになっているシステムです。しかし、配偶者や家族を帯同することはできないので、多くの人は日本でお金と技術を得てタイで就職したいと考えている方が多いでしょう。

日本で一人で数年頑張って、帰国して自分の夢をかなえる。そんな高いモチベーションをもって来日するタイ人も多くいます。

コロナの影響で日本で働く場所がなくなった実習生がいます
働きたいけど働く場所がない実習生は企業を探しています!!↓↓↓
すぐに仕事をしたい実習生が 待っています,コロナ,解雇

ぜひご登録ください!!

タイ人技能実習生の特徴は?

タイ,技能実習生

そんなタイ技能実習生たちですが、具体的にどのような特徴があるのでしょうか。

タイ人技能実習生の特徴①上下関係を大切にする

タイ人技能実習生の特徴として、上下関係を非常に大切にするということが挙げられます。

従順な方が多いタイ人技能実習生はよく話を聞いて実行してくれるので、評判は高くなっています。

もちろん、だからといって、当然ですが、一昔前のように酷使すると国際的にも厳しい目が向けられるので注意しましょう。

タイ人技能実習生の特徴②礼儀正しく謙虚

タイ人は礼儀正しく謙虚な方が多いです。

先ほど紹介したように、技能実習生に来ている事情を考えれば、帰っても仕事がない状態になります。
ですので、タイ人技能実習生は、目の前の仕事にしか選択肢がない状態である可能性も高いのです。

ですので、自ずとこちらにある程度の礼儀をもって、トラブルを起こさないようにしているのかもしれません。

職場ではうまく働きますが、ストレスを抱えてしまっている可能性もあるため、定期的なケアは必要になるでしょう。

タイ人技能実習生の特徴③勤労が美徳とされているので真面目

タイは、勤労が美徳とされています。勤労に対しての意識が高い訳は、タイの宗教は仏教がほとんどで国王も仏教徒です。
仏教では勤労は、とても良いことであるという教えがあるため、それを実践しているタイ人も多いでしょう。

最近、真面目に仕事に取り組まない若い日本人が多いことを嘆いてる経営者の方も多いそうですが、
そんな中、タイ人技能実習生たちは、非常に真面目に仕事に取り組んでくれるため、日本人社員よりも重宝していると評価する経営者の方もいらっしゃるそうです。

真面目なタイ人技能実習生を入れることで、周りのカンフル剤になることも期待できます。

タイ人技能実習生は人柄で見極める

タイ,技能実習生

タイ人の良い特徴についてあげてきましたが、当然すべての人がそれに当てはまるわけではありません。
良い人もいれば、悪い人もいます。

では、どう見極めるのかといえば、雇用前に直接見極められる機会は、タイに実際に行って面接する時のみになります。
技能実習生制度は、監理団体へ人材のオーダーを出し、現地の送出機関が指定された条件で選出し、候補者たちと面接することになります。

面接は、組合(監理団体)が通訳や手配をしてくれるため、基本的にはこちら側で特段準備することはありませんが、どう人格を判定するか方法をよく考えることは必要です。
一回の面談では判定することは難しいですが、技能試験や、筆記試験、面接のヒアリングの質問で、その人の性格を見抜く方法を考えておきましょう。

通訳などサポートしてくれる監理団体で良いタイ人を選考する

良いタイ人を選考するためには、面接を準備する監理団体の協力は欠かせません。
ただ、監理団体も能力には差があり、中には期待通りの準備をしてくれない残念な監理団体もあります。

ですから、こちらも頼む監理団体を決定する前に色々吟味しましょう。

ただ、監理団体と一口に言っても全国に2600以上あり、タイ人を扱っているところを探すだけでも苦労します。

そこで、監理団体探しなら「技能実習生.jp」にお任せください。

あなたの会社にあった監理団体を1分間のカンタン登録で無料でご紹介いたします!

探すための一助として活用してみてください。

↓↓↓登録はこちら↓↓↓

↓↓↓以下のフォームからカンタン1分登録で、あなたに代わって監理団体をお探しいたします。↓↓

監理団体(組合)たくさん、ありすぎて困る!どこも一緒では?
いいえ!優秀な技能実習生の獲得には監理団体選びも重要です!
専任のプロにお任せください!

無料
最適な監理団体を紹介

ハイフン(-)をつけてください。(例:03-0000-0000)

 

タイ,技能実習生
最新情報をチェックしよう!
>1分カンタン入力で無料お見積り

1分カンタン入力で無料お見積り

技能実習生.jpでは全国の監理団体から一括でご紹介できるので、比較検討がカンタンにでき御社にピッタリな組合を見つけることができます。

CTR IMG
テキストのコピーはできません。